土居健郎「『甘え』の構造」~「甘える」は日本人特有の言葉

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(7月28日放送)に、公益社団法人・日本産婦人科医会会長の木下勝之が出演。子供の頃の話について語った。

自見はなこ)この番組では、毎回ゲストの方に子供の頃の話をお伺いしています。子供の頃はどんなお子さんでしたか? この番組にご出演されるお医者さんは、ガキ大将タイプが多いのですよね。

木下)私は普通でしたね。ガキ大将タイプではなかったです。気の合った連中とワイワイやっていたレベルですね。

自見)学生時代は精神科医を目指されていたとか?

木下)医学部の授業でいちばん面白かったのは、精神科の授業でした。三浦岱栄さんという、クロード・ベルナールの『実験医学序説』を訳した立派な方がいます。その方の臨床講義に毎回出ていて、こんなに面白い科はないと思ったのですが、プロフェッショナルな資格は私にはないと思いました。

自見)そして産婦人科を選んだ後に出会ったのが、土居健郎さんの「『甘え』の構造」だったと。

木下)たまたま御茶ノ水の本屋で、気になる本を探しているときに「『甘え』の構造」が並んでいました。店主に怒られるぐらい立ち読みをしていて、もう買わざるをえないかなと(笑)。ショックと言いますか、インパクトの強い本でした。それ以来、土居先生の本をずっと読みました。そして医学部の生徒にも読ませたいなと。甘えるということは、心のいちばん基本となるような、日本人特有の感情です。外国には表現としてはないのですよ。現象はあっても、言葉ではないのです。日々の社会のなかでの仕事や家庭など、様々なところでこの考え方が学べるような本だと思います。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top