「ラグビー校」の試合中、ボールを持って走ったことがラグビーの始まり

By -  公開:  更新:

ラグビー発祥の地と言われるグラウンド(ラグビー校-Wikipediaより)

ボールを蹴ったり、足でボールを操作する球技のことを『フットボール』と言います。ラグビーやサッカー、アメフト(アメリカンフットボール)もフットボールの1つです。ラグビーの正式な名前は『ラグビーフットボール』で、イギリスが発祥です。

ラグビーの始まりとされているのは、1823年。イングランドの『ラグビー』という町にある、『ラグビー校』という名門のパブリックスクールで行われた、フットボールの試合中でのことでした。

当時のイングランドでは、学校ごとにルールを設けてフットボールが行われていました。『ラグビー校』のルールでは、ボールをキャッチするなど“一時的に手を使うこと”は認められていましたが、ボールを前に進めるときは“足で蹴ること”と決められていました。

ところが、ウィリアム・ウェブ・エリス君という生徒が、突然ボールを手で持って走り出してしまいました。ボールを持って前に走る行為は反則です。それでも『ラグビー校』ではこれをキッカケに、ボールを持って前に走る行為を認めるようになりました。

その後も『ラグビー校』でルールが整備されて行ったことから、『ラグビーフットボール』略して『ラグビー』と呼ばれるようになりました。

他にも『サッカーの試合中に、エリス少年がボールを持って走ったのがラグビーの始まり』という説があるそうですが、この当時サッカーはまだ誕生していなかったので、この説は間違いだそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい (9月17日放送分より)

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top