日本外来小児科学会会長・横田俊一郎 思い出の1冊は「ピーターパン」

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(1月19日放送)に、日本外来小児科学会会長・横田俊一郎が出演。子供のころに影響を受けた本について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):日本外来小児科学会会長、横田俊一郎さん。1952年、神奈川県小田原市のお生まれ。子供のころになりたかった職業や夢は何ですか?

横田:幼稚園のころはクルマ好きの父の影響で、クルマの名前をすべて言えるほどでした。タクシーの運転手さんになりたいと思っていました。また、小学校のときは野球をやっていたので、プロ野球選手に憧れていました。

淵澤:中学、高校時代は野球部に所属。ポジションは?

横田:サードでした。長嶋茂雄さんで育った世代でしたので。僕らの子供時代は、遊びと言えば野球でした。広場に集まって、人数が少なかったら三角ベースをやっていました。

淵澤:そして東京大学医学部をご卒業後、東大病院小児科へ入局。横田さんのお父様も小児科医なのですよね?

横田:開業医だったので、父の働く姿を身近で見ていたことは、小児科医になった理由のひとつです。他にも外科ですとか、精神科にも興味がありました。ただ精神科は実習に行って、これは無理だなと諦めました。

淵澤:この番組では、子供のころに出会った1冊の本についてお伺いしています。出会って影響を受けた1冊をお聞かせください。

横田:『ピーターパン』です。子供のころ読んでもらったときに、夢の世界に自分が行っている気持ち、ワクワクするような気持ちを味わいました。父親になり、子供たちと一緒にビデオで『ピーターパン』を観ると、自分の子供時代を思い出しました。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top