「努力は夢中に勝てない」 元陸上・為末大が自著で伝えたいこと

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(3月22日放送)に、男子400メートルハードルの日本記録保持者・為末大が出演。言葉の力について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):昨年(2019年)10月に為末さんが出された児童書、『生き抜くチカラ ボクがキミに伝えたい50のことば』についてお伺いします。為末さんは「走る哲学者」と呼ばれ、これまで何冊も本を出版されていますが、児童書は今回が初めてなのですか?

為末:絵本が好きだったので、いつか子供の本を書いてみたいという気持ちがありました。でも子供用に書くことは難しいと思っていたので、「直球ど真ん中」の本を絵本にできないかなというイメージでした。大人が「おっ!」と思う子供向けです。たまたま出版社さんが、そういうコンセプトでやられていたので。

淵澤:私が特に「おっ!」と思ったのは、100ページに載っている言葉、「努力は夢中に勝てない」でした。

為末:例えばイチロー選手などが素振りを毎日何百回、何千回としていて、「ああやって努力すると、あんな選手になれるんだよ」と言うことはよくあると思うのですね。でも実際には、日本代表の選手(自分)も「ああでもない、こうでもない」「もっとこうすればいいのではないか?」と、気が付いたら何百回もやっていたというのが正しいと思うのです。外から見ると努力だけれど、本人はただ夢中だったということはよくあります。頑張ることも大事ですが、一方で自分が本当に没頭できるものを探せると、みんなは「頑張らなきゃ」と思ってやっているなか、本人は楽しいと思いながらグングン伸びて行くので、「夢中」は大事だなという感じですね。

淵澤:陸上に関して、夢中だったという自負がありますか?

為末:引退したのは34歳なのですが、始めたのは8歳~9歳です。およそ25年間ですね。大げさに言うと、一生懸命に砂遊びをしていたら、34歳のときに「そろそろ家に帰る時間だよ」と言われて、ハッと気が付いて家に帰ったという印象ですね。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top