あきやま子どもクリニック院長・秋山千枝子、小説『石狩平野』から受けた影響とは?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(2月16日放送)に、医学博士で「あきやま子どもクリニック」院長の秋山千枝子が出演。子供のころの思い出を語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):秋山先生は1958年、佐賀県のお生まれです。子供のころは、どのような場所で過ごされたのですか?

秋山:佐賀県ってご存知ですか?(笑)

淵澤:佐賀県はわかるのですが、詳細はちょっと…(笑)。

秋山:そうですよね。佐賀県はみなさまに、あまりよく知られていないのです。例えば幕末の維新のとき、「薩長土肥」の1つである「肥前」は佐賀県のことなのです。早稲田大学の創始者、大隈重信も佐賀県出身です。有田焼の有田、嬉野茶の嬉野、唐津なども有名です。

淵澤:この番組に出演されるお医者さんは学級委員タイプか、ガキ大将タイプの方が多いのですが、秋山先生はいかがですか?

秋山:小学校のころは正義感が強く、「人が悪いことをしたら許せない!」と、お友達が悪いことをしたら注意ばかりしていました。でも中学に入ったころ、目くじらを立てず人に優しくなろうと。お掃除をさぼっている人がいても、黙々と掃除をしました。そして中学3年生のときに、生徒会の副会長になりました。

淵澤:子供のころ、なりたかった職業はありますか?

秋山:母が教師だったので、最初は学校の先生になりたかったです。そのあとは歯科医です。私の町には1軒しか歯科がなく、その歯医者さんには後継者がいらっしゃらなかったので、自分が歯科医にならねばと思い込んでいたようです。後に佐賀県教育長になられた予備校の塾長が医学部を勧めてくださり、医師になりました。

淵澤:この番組では、子供のころに出会った1冊の本についてお伺いしています。出会って影響を受けた1冊はありますか?

秋山:中学校1年生のときに読んだ、『石狩平野』という長編小説です。女性の一生、人の生涯に生まれて初めて気づいた本です。家族、地域社会、国の動きのなかで、1人の女性にもたらされる様を読んで、人の一生とはひたむきに、このように生きて行くのだなあと思いました。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top