ボルトン氏回顧録~北朝鮮交渉で拉致問題を入れる予定だったトランプ

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月24日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。23日に出版されたボルトン前補佐官の回顧録について解説した。

ジョン・ボルトン-Wikipediaより

アメリカのボルトン前大統領補佐官が回顧録を出版

トランプ大統領の側近だったボルトン前補佐官の回顧録が、23日に出版された。回顧録ではトランプ大統領の政権運営について、「知識に乏しかった」と指摘するなど大きな反響を呼んでいる。

飯田)予約の段階からベストセラーリストで第1位となりまして、公式出版の前からその内容について話題となっていました。

高橋)楽しみですよ。いまは電子書籍で読めるので、電子書籍ですぐに読もうと思います。

拉致被害者家族との面会であいさつするトランプ米大統領(中央左)=2019年5月27日午後、東京・元赤坂の迎賓館[代表撮影] 写真提供:時事通信

最初の北朝鮮との交渉で拉致問題を入れようとしていたトランプ大統領

飯田)いろいろなことが書いてありますが、日本と対応するところだと、北朝鮮に対してのトランプさんのスタンスが書かれています。

高橋)2018年6月の初めての米中首脳会談で、実は共同声明のなかに拉致問題を入れることになっていたけれど、北朝鮮が反対してうまくまとめられなかったとあります。この話などは「そうなのか」と思ってしまう記述です。うまく行くかどうかは交渉なのでわかりませんが、トランプ大統領は考えてくれていたのだと。

飯田)トランプ大統領と金正恩氏が会うというのも、韓国側が提案をして金正恩氏サイドを説得したと、ボルトンさんは書いています。金正恩氏側が熱望していたと言われていましたが、そうではないということが出ています。

ペンス副大統領との会談などのため米国へ出発する菅義偉官房長官(中央)=2019年5月9日午前、成田空港 写真提供:時事通信

基地負担の増額は正式な話ではなかった

飯田)日本に絡むところで言うと、基地負担、駐留費負担を大幅に増やすということが出ています。

高橋)ボルトンさんはそう言っていますが、日本側の方が正式提案として受け取っていなかったと見れば、菅官房長官の会見とボルトンさんの話の平仄(ひょうそく)が合います。来年(2021年)の3月が期限切れなので、通常、そんな前に言うわけがありません。ボルトンさんは言うことは言ったのですが、正式提案ではなかったということだと思います。

飯田)その辺はまだジャブの段階で、とりあえず言っておくと。

高橋)それが正式かどうかです。正式でなければ、言われたほうは「そうですか」と聞いているだけで終わります。正式な話だと、後で答えを返さなければなりません。答えを返すか返さないかだけです。

米朝首脳会談 ドナルド・トランプ米大統領、金正恩朝鮮労働党委員長、米朝首脳会談、拡大会合、第2回米朝首脳会談、アメリカ、北朝鮮=2019(平成31)年2月28日、ベトナム・ハノイ(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

大統領選挙の前~トランプ陣営「すべて嘘だ」

飯田)北朝鮮との交渉、米朝首脳会談が第1回はシンガポールで、第2回はハノイでありましたが、核施設の放棄と一体で制裁を解除するということも、トランプ大統領ならやりかねなかったけれども、そうならずに安堵したと書かれています。

高橋)全部が嘘とはなかなか思えないですが、大統領選挙の前ですので、トランプ陣営は「全部嘘だ」と言います。このタイミングで出すということは、証拠もありますし面白いですが、トランプ陣営としてはたまったものではないでしょう。

飯田)手の内を出されてしまうと。

高橋)秘密保持というものがあるから、その違反になります。公務員でも機密情報を漏らしてはいけません。そこに触れる可能性はあります。逆に言うと、トランプ陣営が焦れば、「この話は本当かな」と野次馬的には思ってしまいます。

飯田)真偽はわかりません。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top