かかとのガサガサ、削っていいの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「バリア機能」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(9月24日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『いまの季節、乾燥が気になります。かかとのガサガサは削った方がいいのでしょうか。保湿した方がいいのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「この、かかとがガサガサになるのは“バリア機能”です。

体のなかでいちばん体重のかかるかかとは、どうしても外部からの摩擦、刺激を受けやすい場所です。そのための防御機能としてもともと角質が厚くなっています。

また、皮脂を分泌して潤いを守ってくれる皮脂腺がなく、汗を出すための汗腺が多いため乾燥しやすいという特徴があります。

ですから、削って刺激を与えるというのは逆効果です。ガサガサ防止には十分な保湿がいちばん効果的と言えるでしょう」

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top