刑事罰削除で与野党合意……「これは落としどころのためにつけていた“のりしろ”」辛坊治郎が持論

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎氏が1月28日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。与野党が感染症法改正案に盛り込まれた刑事罰を削除することで合意したことについて解説した。

国会議事堂

自民党の森山裕国対委員長と立憲民主党の安住淳国対委員長が1月28日午前国会内で会談し、感染症法改正案に盛り込まれた刑事罰を削除することで合意した。

辛坊)例の感染症法の改正案と新型インフルエンザ対策等特別措置法の改正案で、野党と与党が揉めているように見えるけれども、最終的に必ず折り合うと私は言ってきました。

よく一部のメディアが「与党が強行採決だ!」と言いますが、最後多数決にいくのに反対派が暴力で阻止しようと思ったら、それは強行採決になるだろうと。

しかし与党もこの法案で強行採決にしたくないし、野党もそれが見せ場になって国民にアピールできると思えば直前まで突っぱねて、与党が委員会で法案採決するときに、委員会の議長のマイクを奪いに行くような形の大騒動をして強行採決を演出するのだけれども、野党の側としても、今回この法案に対して強行採決という見え方にするのが損か得かと考えたときに、野党もこれは損だろうなと。

こうなると、最初に「懲役刑だ、罰金刑だ」というのは、言えば“のりしろ”部分で、落としどころのためののりしろを付けていたということで、最終的に折り合って。

飯田浩司アナウンサー)あれですよね、値切りの前提で高い値段をふっかけた、みたいなものですよね。

辛坊)そう、だからイランの絨毯屋さんと一緒なんだよね……

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

太平洋横断にチャレンジする、辛坊治郎の帰りを待ちながら、期間未定で日替わり助っ人パーソナリティがいま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組。
[パーソナリティ]月曜:立川志らく/火曜:週替わり/水曜:吉田尚記アナウンサー/木曜:飯田浩司アナウンサー
[アシスタント]増山さやかアナウンサー


Page top