澤村拓一 レッドソックス入団決定……「入った球団はいい」メジャーで通用するか?ズバリ解説

By -  公開:  更新:

ロッテから海外フリーエージェント(FA)宣言した澤村拓一投手の、ボストン・レッドソックス入団が決定した。澤村はメジャーで通用するのか、ベースボールコメンテーターのAKI猪瀬が分析・解説した。

【プロ野球ロッテ対日本ハム】6回 力投するロッテ・沢村拓一 ユニホーム間に合わず、福嶋打撃投手の背番号「106」を借用=2020年9月8日 ZOZOマリン 写真提供:産経新聞社

澤村の契約は、現地報道によると、年俸は2年総額3億1800万円。オプションとなっている3年目は、単年3億1800万円、その他に出来高も付いて、条件をクリアできれば最大で3年総額、8億1100万円となるとか。

昨シーズンの9月に巨人からロッテへと交換トレードで移籍し、22試合に登板。2敗1セーブ13ホールド。防御率1.71の成績で、中継ぎの軸として活躍した澤村だが、果たしてメジャーで活躍できるのか。

AKI猪瀬が2月22日、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演し、分析・解説した。

-----澤村投手の現地での評価は?

AKI:金額的に言うと、ちょっと安いかなっていう金額ですね。メジャーの平均年俸は4億円近いので、一流のリリーフ投手はもっと大きなお金を手にできる世界。ただ入った球団はいいですね。

-----なぜですか?

AKI:近年のレッドソックスは、強いか弱いかで言うと、弱いんです。なぜかというと投手陣がダメなんですね。去年もリリーフ投手だけで言うと、30球団中27位の防御率。今年も同じ傾向なので、澤村投手が本来の投球ができれば、ブルペンの柱、クローザーになる可能性もあります。

-----レッドソックスは過去に日本人投手が多く在籍していましたが、澤村投手は馴染めそうですか?

AKI:実は、松坂投手、岡嶋投手、田沢投手、上原投手などが活躍していた当時の日本人の球団のスタッフが、そのまま残ってるんです。だからすごくやりやすいと思いますね。

----ズバリ、澤村投手は通用すると思いますか?

AKI:通用すると思います。メジャーは日本と違って、何も考えず「力対力」という、特にリリーフ投手と打者というのはそう言う傾向にあります。澤村投手のような「打てるもんなら打ってみろ」というスタイルは合ってると思います。

テリー伊藤:澤村投手は、巨人時代に制球難で自滅するケースもありましたが、大丈夫ですか?

AKI:ボールが変わるのは心配ですが、NPBだと澤村投手の場合、待球作戦をすることもあったと思いますが、メジャーの場合はそういうイメージがないんです。ファーストストライクから打てるボールはどんどん振っていこうという世界観なので、そんなにピンポイントのコントロールはなくてもいいかなという印象です。あとは生活環境に上手くアジャストできればという感じですね。

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!


Page top