なぜ私がSDGs普及の仕事をしているか~SDGsアントレプレナーズ 代表理事・青柳仁士

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(6月3日放送)に、一般社団法人 SDGsアントレプレナーズ 代表理事の青柳仁士が出演。SDGsの仕事をすることになった経緯について語った。

青柳仁士(あおやぎ・ひとし)/一般社団法人 SDGsアントレプレナーズ 代表理事

黒木)今週のゲストは元国連職員で一般社団法人SDGsアントレプレナーズ 代表理事の青柳仁士さんです。青柳さんは国連の広報官としてSDGsの普及活動をされて来ましたけれども、そもそも国連に勤めることになったきっかけは何だったのですか?

青柳)大学のときに勉強していたものが国連に近い内容で、まさにいまのSDGsのような課題をどう解決するかということでした。当時から国連職員になりたいと思っていたのですが、調べましたら、「7年間の類似の実務経験と欧米での修士号が必要だ」と書いてありました。それを鵜呑みにしてそのままJICAというところに入り、JICAのなかの社会公募制度で2年間、アメリカへ留学に行かせていただいて、そのあと国連の方に移らせていただきました。

黒木)誰にでもなれるという職業ではないですよね。

青柳)倍率を見ると高いのですが、いろいろな国連職員の方を知っていますが、皆さんなりたいと思って頑張っていて、最後までなれなかった方があまりいないというのも、私の印象としてはあります。

黒木)国連のなかでも「何をしたい」という目標はあったのですか?

青柳)貧困の厳しいところで働きたいと思っていました。JICAでアフガニスタンという紛争中の国に行かせていただいて、その希望はある意味叶ってしまったのですが、国連ではスーダンなどに行かせていただきました。私がいた国連開発計画というところは国連のなかでは、事務局とユニセフの次に大きな機関なのですが、基本的に紛争の解決や貧困の削減を本業にしている組織です。

黒木)世界各国に足を運ばれたそうですが、危険な目にも遭われたと思います。

青柳)アフガニスタンでは街のなかでタリバンとアメリカ軍がよく争っていましたが、そういう現場は何度か経験しました。

黒木)SDGsには、どのようにして出会われたのですか?

青柳)2012年にニューヨークの国連本部で働いていたときに、まだSDGsまで3年あったのですが、「3年後から先の世界の目標というのをつくろう」という動きがあり、そのなかで日本政府がかなり頑張っていたのです。次の世界の目標を日本がつくることができたら日本人としても嬉しいなと思って、一生懸命やっていたのですが、結果的にその話はダメになってしまいました。そして全然違うところでSDGsができて行ったのですが、SDGsが始まった2016年に国連開発計画(UNDP)の駐日事務所で働くことになり、その続きをやり始めたという形です。

黒木)「貧困を何とかしなければいけない」ということを若いころから思われていたということですが、このSDGsのなかにも貧困という項目が17個のうちの1つにあります。結局、同じ目標を掲げてお仕事をなさっているということですね。

青柳)アフガニスタンなどの現実を見ると、大人も含めて、将来、何年も生きたかったであろう子どもたちが、自分のせいではないことによって未来が閉ざされてしまう。そんなどうにもならない状況を何回も見て来ました。数は違うかも知れませんが、日本にもそういう人たちはたくさんいます。「みんなが豊かになれるような社会をつくれないか」ということをずっと考えながら仕事をして来ました。

青柳仁士

青柳仁士(あおやぎ・ひとし)/一般社団法人 SDGsアントレプレナーズ 代表理事

■1978年生まれ。早稲田大学政治経済学部、デューク大学国際開発政策学修士卒。
■2001年から国連開発計画(UNDP)、国際協力機構(JICA)、プライスウォーターハウス・クーパース株式会社(PwC)にて、日本・米国・アジア・中東・アフリカ諸国で社会課題解決型事業・ビジネスの実践に携わる。
■2012年に国連本部のあるニューヨークでSDGs創設の国際議論に参画。
■SDGsが始まった2016年から国連開発計画(UNDP)駐日事務所の広報官として日本の政府機関・民間企業・教育機関・メディア・市民社会などへの初期のSDGs普及の責任者を務める。初期のSDGs普及に従事。
■SDGsにビジネスで取り組むための国連初のプラットフォームを設立。2019年にSDGsアントレプレナーズを立ち上げ、社会起業家として活動。
■SDGsの理解を深め、現状よりも一歩進んだSDGsの取り組みができるように企業などを後押ししている。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top