新型コロナは「3~4年経ったらどうなるか、誰にもわからない」病気

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(11月28日放送)に、小児科医で感染症対策の専門家、川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長が出演。新型コロナウイルスとの向き合い方について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):日本では2020年1月15日に、最初の新型コロナウイルス陽性者が確認されました。あのころと比べて「わかっていること」と、「未だにわかっていないこと」を教えてください。

岡部:新型コロナがどういう病気なのかというメカニズムや、予防法としてワクチンができたり、新しい治療薬の話も出て来ました。あるいは「どの年代が危ない」など、実にさまざまなことがわかっています。新型コロナウイルスは、誕生からまだ約1歳半なのです。2歳にもなっていない。そのため、全貌は未だに見えて来ていません。この病気があと3~4年経ったらどうなるのかは、なかなかわからない。しかし、見えていることもたくさんあります。「すごい進歩だな」と思いながら見ています。

自見はなこ:新型コロナが日本で流行してから、およそ1年10ヵ月です。振り返るといかがですか?

岡部:新型コロナに追われていますが、コロナだけが病気ではありません。コロナは確かに現在の問題としてやらなくてはいけませんが、例えば大人の慢性の病気……生活習慣病などもあります。子どもたちで言えば、お腹が痛くなったり、熱が出たりする病気も多くあります。またワクチンを接種すれば助かる病気、例えば「はしか」などは、人が動くと流行って来ます。慌てて防いでも仕方がありません。他の病気にも目を配りながら、新型コロナに対応しているのが現状です。

淵澤:これから私たちは、新型コロナとどう向き合って行けばいいですか?

岡部:コロナは生き残る可能性があります。注意するところは注意しながら、コロナと付き合って行かなくてはならないと思います。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top