「鬼も一緒になって豆をまく神社」があるって本当?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。2月3日放送分のテーマは「鬼と豆まき」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

かつて、病気や災害などの災いはすべて「鬼の仕業」と考えられていました。同時に鬼とは、「人の心のなかにある邪気」のことを指していました。

節分には「季節を分ける」「季節の変わり目」といった意味があります。古くから「季節の変わり目には鬼が出て来る」と考えられているそうです。

鬼を追い出し、無病息災を願う儀式として始まったのが、節分の豆まきです。「鬼は外!」の掛け声で鬼を追い出し、「福は内!」の掛け声で1年を無事に過ごせることを願います。

ただし、例外もあります。埼玉県・嵐山町の「鬼鎮神社」は、全国でも数少ない「鬼を大切に祀っている神社」の1つで、豆まきの掛け声が他とは違います。「福は内、鬼は内、悪魔外(あくま・そと)」と言い、さらに赤鬼や青鬼も一緒になって豆をまくのだそうです。

こちらの神社では、「強さの象徴」である鬼は「勝利の神様」であり、「自分の心を強くしてくれる神様」でもあるそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top