渡辺徹、日本人の死因でもトップクラスに多い“循環器病”について学ぶ

By -  公開:  更新:

俳優を始め多方面で活動している渡辺徹が健康について考える1時間のスペシャル番組「渡辺徹 春の健康サロン ~循環器病ってなんだろう~」の放送が決定した。扱うテーマは『循環器病』。2012年に自らも虚血性心疾患という循環器病を患った経験のある渡辺徹が専門医から病気の種類や症状、その原因や予防のための知識などを学ぶ。また、先月夫婦で新型コロナウイルスに感染した渡辺徹が、当時の症状や回復までの経緯についても語る。

ニッポン放送「渡辺徹 春の健康サロン ~循環器病ってなんだろう~」3月21日(月・祝)午後2時~3時

昨年還暦を迎えたばかりの俳優・渡辺徹が“循環器病”をテーマに健康について真剣に考えるスペシャル番組が3月21日(月・祝)午後2時からニッポン放送で放送される。アシスタントはニッポン放送の熊谷実帆アナウンサーが務める。

日本人の亡くなる原因で“がん”に次いで多いとされているのが“心臓病”と“脳卒中”。実はこの2つの病気はどちらも循環器病に分類される。つまり、日本人にとってはとても身近な病気で、その2つを足すとその数は最も多い“がん”に並ぶほど。10年前の2012年に“虚血性心疾患”という循環器病を患い、約6時間の手術の末に回復した経験のある渡辺徹が当時の状況を交えつつ、専門医から循環器病の種類や症状、その原因や予防のための知識などを学んでいく。

循環器病について詳しく解説するのは、循環器専門医で米国心臓病協会「疫学・予防部門」のリーダシップ委員会で初代国際大使を務めた経験のある松本知沙医師と循環器専門医として診療を続けながら、予防医療やポジティブ心理学を重んじる観点から産業医業務にも従事している福田芽森医師。

いつ誰の身に襲い掛かるか分からない“循環器病”という恐怖の病。いざというときのために知っておきたいことを学べる1時間の特別番組。「渡辺徹 春の健康サロン ~循環器病ってなんだろう~」は、3月21日(月・祝)午後2時から放送。ラジオはニッポン放送AM1242/FM93、スマホやパソコンからはradikoを通じて聴くことができる。

<渡辺 徹コメント>
循環器病はそんなに身近な病気だとは思いませんでした。まさか自分がという思いで、経験者としては疲れやすくなったなと何でもないところから症状やシグナルが出てきました。改めて病気のことを勉強して向き合うと、早いうちに治療が受けられることが何よりも大事だということがわかり、このような番組に参加し意識を高められて良かったなと思います。
<番組概要>
■番組タイトル:『渡辺徹 春の健康サロン ~循環器病ってなんだろう~』
■放送日時:2022年3月21日(月・祝) 午後2時~3時
■パーソナリティ:渡辺 徹 アシスタント:熊谷実帆(ニッポン放送)
■出演:松本知沙(循環器専門医、総合内科専門医、高血圧専門医、医学博士)福田芽森(循環器専門医、認定産業医)
■提供:一般社団法人日本循環器学会

Page top