ベーブ・ルースは「13勝・11本」だが、既に「10勝・25本」の大谷翔平はとんでもない記録 ~104年ぶり「2桁勝利・2桁本塁打」快挙

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎が8月10日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が「野球の神様」と呼ばれたベーブ・ルース以来となる快挙を達成したことについて、「とんでもない記録」とたたえた。

米大リーグ、アスレチックス戦に先発登板したエンゼルス・大谷翔平。今季10勝目を挙げ、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」を達成した=2022年8月9日、オークランド(共同) 写真提供:共同通信社

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、アスレチックス戦で今季10勝目を挙げ、「2桁勝利、2桁本塁打」を達成した。これは、ベーブ・ルースが1918年に達成して以来、104年ぶり2人目の快挙。

辛坊)1918年のベーブ・ルースの記録を調べると、投手としては20試合に登板して13勝です。ところが、この年の本塁打は11本なんですよ。これに対し、大谷選手は今季、ここまでに投手としては10勝ですが、本塁打は25本です。だから、1918年にベーブ・ルースが「2桁勝利、2桁本塁打」を達成したときよりもペースは早いんです。

ベーブ・ルースはその後、投手登板の機会をだんだん減らし1921年には2勝しかしていません。それでも、この年の本塁打は59本です。このため、打者としての印象はベーブ・ルースのほうがやはり強いんですが、それでも大谷選手の記録はとんでもないです。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top