再び懸念される「核危機」 ウクライナへの軍事侵攻から間もなく半年

By -  公開:  更新:

作家で自由民主党・参議院議員の青山繫晴が8月23日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。

ウクライナ侵攻 キーウのメインストリートに並ぶ、ウクライナによって撃破されたロシア軍の戦闘車両 152ミリ自走榴弾砲2S19ムスタS=2022年8月21日午前10時57分、ウクライナ・キーウ 写真提供:産経新聞社

ロシアの軍事侵攻から半年

ロシアの侵攻開始から8月24日で半年が経過する。24日の独立記念日を前に、ウクライナの首都・キーウの大通りでは、侵攻に使われたロシアの戦闘車両が展示されている。

飯田)ウクライナ侵略から8月24日で半年となります。今後、ロシアがどういうことをやってくるのか。

青山)ずばり核危機です。戦線は膠着状態になっていて、ロシアは戦況を打開する見通しが立っていない。核危機は前にプーチン大統領が使うと言っていたときよりも、いまの方が深刻です。当然ですが、やると言っているときはやらないのです。

飯田)むしろ、みんながやらないだろうと思っているときに。

青山)見つけにくい核魚雷の使用も懸念されています。

飯田)黒海で使われるのですか?

青山)違います。例えば極端なことを言うと、横須賀港に1発撃ち込まれてアメリカの第7艦隊がそこにいれば、海上自衛隊の艦隊と一緒に壊滅できるのです。

飯田)なるほど。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top