本来のヨーロッパ的な君主・エリザベス女王 ときに政治的なことに触れる発言も

By -  公開:  更新:

外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が9月9日、ニッポン放送「新行市佳のOK! Cozy up!」に出演。逝去したエリザベス女王について解説した。

ロンドンのバッキンガム宮殿バルコニーから市民に笑顔を見せるエリザベス英女王(イギリス・ロンドン)=2022年6月5日 AFP=時事 写真提供:時事通信

イギリスのエリザベス女王が逝去

イギリス王室は9月8日、女王エリザベス2世が逝去したと発表した。96歳だった。女王の逝去を受けて、長男のチャールズ皇太子(73)が新国王として即位した。

新行)ロンドンからの共同によると、トラス首相は8日に首相官邸前で演説し、「女王は私たちに必要な安定と強さを与えてくれた」と功績を称え、「女王は英国の精神そのものであり、その精神は今後も続くだろう」と強調しました。またチャールズ新国王は声明を発表し、「私たちは大切な君主であり、多くの人に愛された母の死を深く悼みます。英国民や世界中の人々が喪失を感じるだろう」と哀悼の意を表明されました。

宮家)トラスさんのおっしゃる通り、素晴らしい仕事をされたと思います。同時に大英帝国の終わりというか、美しい最後を象徴するような君主でもあったと思います。

エリザベス女王の宮殿は基本的に王族の私有財産

宮家)日本にも皇室がありますし、イギリスは同じ議会制民主主義国家のお手本なのですが、よく見ると微妙に違うのです。エリザベス女王の宮殿は、どこまでかわかりませんが、基本的に王族の私有財産のはずです。日本とはずいぶん違います。

新行)宮殿は王族の私有財産。

2012年ロンドンオリンピックの開会式でスクリーンに映し出された映像。バッキンガム宮殿の廊下でエリザベス女王をエスコートするジェームズ ボンドを演じるダニエル クレイグ (左) 。 AFP PHOTO/LOCOG AFP=時事 写真提供:時事通信社

ロンドン五輪ではジェームズ・ボンドとも共演

宮家)昔、オーストラリア外交官の友人がいたのですが、彼はいつの間にかバッキンガム宮殿の広報官になっていたのです。

新行)そうなのですか。

宮家)同じ英連邦とはいえオーストラリア人ですよ。優秀な人なのですが、「なぜあいつがなるのだろう?」と思いました。彼らはしっかりとものを見ていて、優秀な人材であれば、イギリス以外からでも人を取ってくるのです。すごい王室だなと思いました。日本では考えられません。

新行)考えられませんね。

宮家)また、イギリス人のいいところだと思うのですが、女王はジェームズ・ボンドと共演しているのですよね。

新行)ロンドンオリンピックで。

宮家)オリンピック以外でもいろいろなところで共演しています。日本であれば、ゴルゴ13と天皇陛下がテレビに一緒に出るようなものですからね。あり得ないですよ。そういうことを平気でやるのもイギリスらしいと思います。広い意味でのオープンさが、イギリス王室を強くしているのだと思います。

政治的な発言も多かった

宮家)しかも彼らは結構政治的な発言もするのです。エリザベス女王も比較的、政治的なことに触れる発言が多い。ヨーロッパの君主として不思議なことではないと思うのですが、驚いたのは習近平さんがイギリスを公式訪問したときの発言です。報道によれば、エリザベス女王がオフマイクで「あの人たちは失礼ね」と言っていたそうです。

新行)「大使にとても失礼でした」とおっしゃっていたそうです。

宮家)彼女も自らの意志を持って、「おかしい。失礼だ」と思ったことに対しては、きちんと発言するのだなと思いました。中国の代表団が来たときには当然ながら、イギリス警察の関係者が警護するわけです。その警察の人たちと会ったときに「あなたたち大変だったわね」と言っています。それはオンマイクで言っていました。日本とは違う意味で、本来のヨーロッパ的な君主としての仕事をしていた感じがしました。

新しいイギリスをつくることを受け入れた

宮家)トラス政権ができたわけですけれど、報じられている通り、主要閣僚に白人男性がいません。考えてみたら、彼女が引き継いだ大英帝国は世界中に植民地があり、徐々に大英帝国が衰えていくわけですが、彼らに市民権を与えましたから、アフリカ系もいるしインド系もいます。いろいろな人が育つ中でなかで新しいイギリスをつくり、それを彼女は受け入れていった。トラス政権ができて主要閣僚に非白人を多く登用しても、イギリスがきちんとやっていけるような「安定と強さ」をつくったのだと思います。

新行)謹んで哀悼の意を表します。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top