山際氏が表向き“更迭”ではなく“辞任”だったのは「ドミノ倒し」を防ぐため 辛坊治郎が解説

By -  公開:  更新:

辛坊治郎が10月25日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。山際大志郎経済再生担当相の辞任劇の裏側と岸田文雄首相の本音を解説し、表向き“更迭”ではなく“辞任”なのは、首相側からクビにした場合の“ドミノ倒し”を警戒したものだったと言及した。

【政治 山際大志郎経済再生相が辞任】辞任を表明し記者団の取材を終え一礼する山際大志郎経済再生相。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係が相次いで判明した問題の責任を取って辞表を提出した =2022年10月24日、首相官邸 写真提供:産経新聞社

『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送

「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との関係をめぐる不十分な国会答弁などの責任を取り、山際経済再生担当相が24日夜、首相官邸を訪れ岸田首相に辞表を提出し、辞任した。

この動きについて辛坊は「一応、建前としては本人が辞めると言ったことになっています」と語り、岸田首相が国会答弁で「辞めさせるつもりはない」と表明し続けたこととの「整合性」をもたせたと言及。

ただ、「本音のところではちょっと違う理由もいくつかある」として、山際氏が麻生派に所属している点を挙げ、「(岸田首相から)クビにしたということになると、対麻生さん的に“なんだよ、うちのやつクビにしやがって”となる。『本人が辞めたいと言ってますから、仕方がないからお辞めいただくんです』って言ったら悪者にならずに済む」と指摘した。

さらに、「もう一つ非常に重要なのは、ほかの閣僚で『旧統一教会』と関係が取り沙汰されている人はほかにも何人かいる。今回、それを理由にクビを切ったと言ってしまうと、ほかの人たちはどうするんだとなる」と辞任“ドミノ倒し”になることを防ぐ狙いもあると語った。

ただ、岸田首相の本音は「たのむから辞めてくれ」という思いだっただろうと推測した。

■番組タイトル:ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』
■放送日時:毎週 月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送
■パーソナリティ:辛坊治郎
■アシスタント:増山さやかアナウンサー(月~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)
■Twitter:@zoom1242
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/

◆radikoタイムフリーリンク
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20221025153000

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top