何でも国の許可が必要なニッポン「ダメだぞ、この国は!」 辛坊治郎が憤慨

By -  公開:  更新:

辛坊治郎が10月27日(木)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』に出演。何にでも国の許可が必要な日本の行政構造に対し「ダメだぞ、この国は!」と怒りをあらわにした。

警察庁

『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送

番組では、警察庁が27日、自動運転「レベル4」の遠隔監視による無人自動運転サービスの許可制度を、来年4月1日から開始する方針を明らかにしたというニュースを取り上げた。レベル4は、特定の条件のもとで完全な自動運転となり、不測の事態への対応も含めて、すべてシステムに任せる。運転席やハンドルのない実験車両もあるのが特徴である。

これについて辛坊は「自動運転レベル4の遠隔監視による、無人自動運転サービスの許可“制度”を始めるって…どれだけ遅れてるんだよ、これ!」と、無人自動運転そのものではなく、その「許可制度」がようやく始まるという遅さに注目。

「すでにレベル3の実験などは行われているが、中国やアメリカはふつうに走っていますから。日本は、自動運転の実験をしようと思うと、車の横に“自動運転実施中”ってでっかく書いて、事前にどこを走るか届け出をして、人払い、車払いみたいなものをした挙句に走る。それじゃあ、実験にならないだろ!」と、世界のスピードについていけず、取り残されていく要因を指摘。

さらに話は、給与の一部を電子マネーで支払えるようになるというニュースに飛び火。辛坊は「給料の一部を電子マネーで払えるようにするのを、省令改正で来年の春くらいからできるよにしますと。これ、省令だから法律ではないわけで。各省庁が勝手に決められるようなもので、(中略)来年4月以降に電子マネーでできるようにしますって、何するにしてもこんなに許可が必要になる国って、世界にあるのか?」と疑問を呈した。

最後に「これを伝えるニュースが“こんな画期的なことをします!”というような扱いで、まったく批判的な目線がない。“こんなこと規制していること自体がおかしいだろう”という目線がないと、ダメだぞこの国は!」と憤りを隠せなかった。

■番組タイトル:ニッポン放送『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』
■放送日時:毎週 月~木曜日 15時30分~17時30分 生放送
■パーソナリティ:辛坊治郎
■アシスタント:増山さやかアナウンサー(月~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)
■Twitter:@zoom1242
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/

◆radikoタイムフリーリンク
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20221027153000

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top