いつものレシートがお宝に?【ひでたけのやじうま好奇心】

By -  公開:  更新:

買い物をしたときに受け取るレシート。最近は様々な活用のされ方をしています。
特に多いのは「商品の割引=レシートクーポン」。
特定の商品を次回に5%や10%といった「割引価格」で購入できるというもの。
レシートの下の方に書かれています。

レシートを取っておくのが面倒ですが、定期的に近所の決まったコンビニやスーパーを利用する人にとってはお得です。
お店側も「新メニュー100円引き」とレシートに書けば、次回以降そのメニューを注文する人が増えるので新メニューのPRができ、お互いにメリットがあります。

店舗サービスアンケートのついたレシート(ユニクロ)

そんな中で、最近増えているのが、「レシートのアンケートクーポン」。
暗証番号やQRコードが書かれていて、Webサイトに行くとアンケート項目があり、それに答えればお得なクーポンがもらえるというもの。
項目は、「お店はきれい?」「接客は?」などをチェックする形式が多いですね。
ネットでは「スターバックス」のレシートがお宝扱いになっています。

従来のようにレシートを活用して、割引や特典を消費者に与えてリピーターを増やすだけでなく、同時にサービス向上のデータを蓄積。
アンケートのデータをよりよいサービスにつなげていく作戦と言えるでしょう。

また「ポイントカード」を利用した「レシートスタンプ」もあります。
対象商品を、その店舗やチェーンが提携しているポイントカードを使って購入すると、スタンプが押されたレシートが貰えて、それを集めることでグッズ等と交換できます。
カードを活用していますが、最終的に利用するのは「レシート」というわけです。

またカードに提携しているお店同士で、クーポン付のレシートを出しているところもありますね。
コンビニで商品を買ったらファミレスの割引付きレシートをもらえたというケース。
同じカードに提携している加盟店舗やチェーンがお互いにクーポン付レシートを出すことで、ほかの加盟店にも行ってもらう…という作戦です。
これも「ウィン・ウィン」の関係と言えるでしょう。

そして最近は、「レシートで得をするアプリ」も増加しています。
レシートの写真を送ってポイントを貯めればギフト券などに交換してもらえるというもの。
中には商品の購入だけでなく、飲食店が対象になっているものもあります。

写真を撮影したり、アンケートに答えるのに手間暇がかかるという声もありますが、単純にレシートを捨てるよりはいいかもしれませんね。

普段、何気なく捨てているレシートにも様々な情報が眠っています。
地味ではありますが…、改めてレシートを意識してみてはいかがでしょうか。

5月25日(木) 高嶋ひでたけのあさラジ!三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00


Page top