身代金要求型ウイルス=ランサムウェアってなんだ?【ひでたけのやじうま好奇心】

By -  公開:  更新:

多くのニュースで取り上げられています「ランサムウェア」、日本語にすると「身代金要求型ウイルス」。
身代金を支払わないと、パソコンに入っているデータが勝手に暗号化されてしまい、結果、データが見れなくなってしまう、コンピューターウイルスのこと。

ランサム(身代金)ウェアの脅迫文画面[トレンドマイクロ提供]=20170515 写真提供:時事通信

ランサム(身代金)ウェアの脅迫文画面[トレンドマイクロ提供]=20170515 写真提供:時事通信

今回ニュースで取り上げられているのは、WannaCry(ワナクライ)、日本語では「泣きたくなる」という名前のランサムウェアで、身代金として300ドルをビットコインで支払うよう要求されるもの。
これまでに世界150ヵ国、およそ23万台以上のパソコンに感染していることが明らかになりました。

ニュースなどでしきりに「Windows」を使っているパソコンが狙われていると報じられています。

そのため、私はパソコンを使っていない!スマホだから安心!と内心思っているラジオの前のあなた!というか私高嶋もそうなんですが…
専門家に聞くと今回の「WannaCry(ワナクライ)」は「Windows」のパソコンを狙ったウイルスであるいうだけで、実はスマートフォンを狙ったランサムウェアも当然、存在しているんです。

そういうことで、きょうのやじうま好奇心では我々の身近な問題「ランサムウェア」について取り上げます。

そもそもランサムウェアは、いつごろできたコンピューター、ウイルスなのか?

世界初と言われているのが1989年。
WHOが主催する「AIDS会議」で、ジョセフ・L・ポップ博士という人が2万枚のフロッピー・ディスクを配布しました。
そしてこのディスクを差し込んだパソコンは、ロックされてしまい、画面に「解除してほしければ、パナマにある私書箱へ189ドル送金しろ」という身代金要求のメッセージが出て、博士は直ちに逮捕されました。

この「ランサムウェア」が日本で流行り出したのはのいつごろからか?
およそ2年前、2015年の1~3月の3ヵ月間で日本国内で感染が見つかった「ランサムウェア」はおよそ900件。
それが昨年、2016年の7~9月では3万4,200件とおよそ40倍。

爆発的に被害が拡大した要因は何か?
実は、去年の春、日本人をターゲットにした日本語のランサムウェアが出回るようになったんです。

それはどういったものか?
スマホの所有者を犯罪者呼ばわりして、時間までに1万円のギフトカードの、コード番号を入力しないと、顔写真や名前などの犯罪者データを、裁判所に送る!と脅迫するもの。なんと写真は、スマホが勝手にシャッターを切って撮られたものとみられています。

そして当然、お金を払っても解除などしてくれす、この「ランサムウェア」の特徴は、まず「時限爆弾」のカウントダウンで精神的に追い詰め、そして「犯罪者としての自分の顔写真」で恐怖心をあおり、さらに1万円という、無理をすれば支払える金額を提示することで支払わせるという巧妙なもの。

ちなみにスマホの「ランサムウェア」は、ウイルスが仕組まれたアプリをダウンロードすることなどで感染するため、ダウンロードする前に、安全なアプリがどうか?確認するように警察では呼びかけています。

さらに今後は、スマホから写真などのデータを抜き取り、「その写真を、ネット上で公開しない」ことを条件に金銭を要求する「ランサムウェア」が出回るのではないかと、警察はみています。

で、わたしが不思議に思うのは、それでは何のために「ウイルス」を作るのか?ということ。

もともと、コンピューターウイルスのはじまりは、1986年、パキスタン人のアルビ兄弟が、自分の作ったパソコンのソフトを不正にコピーされないために、ウイルスを仕込んだのが世界最初と言われています。
つまり最初は「自分の商品を守る、正義」のために作ったものだったのです。

その後、ハッカーたちが、自分のパソコンの技術を見せつける「名声」のために、自分の署名入りのウイルスを開発し、ばらまくようになりました。

そして現在は「正義」や「名声」のためではなく、「金儲け」のためだけに、コンピューターウイルスをばらまき、身代金を要求するようになったということですね。
そして作っているのは個人ではなく、組織ぐるみになっています。

それでは最後に「ランサムウェア」への対処法を!

パソコンの場合は常にOS(Windowsなど)を最新なものに更新すること。
スマホの場合は、常にデータのバックアップをしておくこと。感染した場合はお金など支払わず、専門の業者に持っていくこと。
その時に、データのバックアップをしておけば、初期化したのち、データを復元できる可能性は高いそうです。

世界的な不正プログラムの感染被害について(注意喚起)=20170515総務省HPより

世界的な不正プログラムの感染被害について(注意喚起)=20170515総務省HPより

5月22日(月) 高嶋ひでたけのあさラジ!三菱電機プレゼンツ・ひでたけのやじうま好奇心」より

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00


Page top