北朝鮮兵士命がけの亡命~考えられる2つの理由とは?

By -  公開:  更新:

11/16(木)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!①

兵士から北の警備手薄箇所の情報を入手する絶好のチャンス
6:32~ニュースやじうま総研!ズバリ言わせて!:コメンテーター佐藤優(元外務省主任分析官・作家)

板門店

北朝鮮軍人(C)は、2017年11月13日韓国の京畿道水原市の病院に運ばれている。報告書によると、兵士は武装勢力区の共同警備区域(JSA:Joint Security Area)を通じて韓国に逃げながら、北朝鮮軍の肩と肘に銃弾を受けた。彼は国連司令部のヘリコプターによって病院に運ばれた。(2017年11月14日発行) EPA /ヨンハップ・サウス・コリア・アウト - ベスト・クオリティー 写真提供:時事通信

板門店で銃撃された脱北兵は20代の福士官

韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線、板門店(パンムンジョム)から、北朝鮮の若い兵士が、銃撃による負傷をしながらも、脱北に成功。韓国が彼を助けようと必死になっている、真の理由とは?

高嶋)板門店での脱北兵の事件ですが、兵士を生かそうとして、スゴい手術をしているそうですね。20代の副士官とのことですが、これはどう取っていますか?

佐藤)私は、2つの可能性があると見ています。1つは彼が刑事事件を起こした可能性。
2つ目は、軍内の何らかのトラブルに巻き込まれた可能性。たとえば、上官との関係で大喧嘩してしまった、とか。あるは上官の奥さんに手を出したとか……こういうような大きなトラブルに巻き込まれ、中にいるとほぼ100%殺されることになると考え、リスクを冒してでも、南に出ようとしたのだと思います。

高嶋)はっきり自分に非のある何かを起こしてしまい、「これは、命がないぞ、逃げるしかない」と、逃げて来た?

佐藤)そういうことだと思います。政治亡命とか、そういう要素とは少し違うと思います。ただし、ここで、38度線、軍事境界線よりも南に出られてしまったということは、北朝鮮の国境警備が思ったよりスカスカ、ということなのです。板門店のような一番目立つところで、鉄壁防御をしておかないといけないのに、逃げ出されてしまった、ということは、つまり韓国からすれば「出てこられる」ということは、「入れることができる」わけです。

高嶋)そうか。逆も真。

佐藤)警備状況を見て。そうすると、「板門店以外の場所では、いま簡単に中に入れられる状況ではないか?」ということは、韓国としてはとても知りたい情報ですよね。

高嶋)警備も手薄になっている、と。脱北者を助ければどうやって向こうに入るのか、有力情報が入る、と。

佐藤)これは極めて重要な情報で、どんなことをしてでも欲しい情報なのです。

高嶋)なるほど。だから、この亡命で、若い兵士を何とか助け、その辺のことを口を割らせてから、その後なら亡くなっても……国家は冷たいですね。

佐藤)スゴくシビアですよ。これは情報戦の最前線に入った話ですね。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00


Page top