5割を超えた80歳以上に歯20本を残す「8020運動」

By -  公開:  更新:

「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(11月11日放送)に、日本歯科医師会会長・堀憲郎が出演。「8020運動」について語った。


自見)改めて「8020運動」について、お伺いします。

堀)8020運動は「歯を残すことが特に高齢者の生活の質を確保するために重要である」という考えとデータに基づき、30年前の平成元年から日本歯科医師会と、当時の厚生省が中心となって展開して来た運動です。成人の永久歯の数は28本ですが、「80歳になっても20本以上自分の歯を残そう」という運動で「ハチマルニイマル」という名称も浸透し、成果を上げ、最も成功した国民運動の1つと評価されています。

自見)「ハチマルニイマル」、馴染みがありますよね。運動を始めた30年前と比較して、80歳で20本の歯を有する国民の割合は、どのように変化しているのですか?

堀)運動を始めた30年前は、80歳で20本の歯を有する国民は、1割にも満たなかったのです。ひとり平均4本ぐらいと言われています。

淵澤)え! 少ない!

堀)2年前、平成28年にはついに5割を超えました。

自見)すごい! この30年でそんなに増えたのですね!「ハチマルニイマル」の目標はもともと「平成34年に5割達成」としていたそうですね。

堀)国は「健康日本21(第二次)」という取り組みで「平成34年に5割達成」を目標としていたので、それを6年も早く達成したことになります。

自見)これは大変スゴイことだと思います。国の目標で「間に合わなかった」ということ、ありますよね。6年も早くというのは、みなさんの努力のたまものですね。

堀)国民の皆様に浸透したと考えております。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top