ゴーン被告が突かれると困る「マネーロンダリング」の事実

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月10日放送)に地政学戦略学者の奥山真司が出演。レバノンに逃亡したゴーン被告について解説した。

逃亡先のベイルートで記者会見するカルロス・ゴーン被告=2020年1月8日(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社

レバノンの検察が事情聴取、ゴーン被告国外への渡航禁止に

レバノン検察当局は9日、日本で金融商品取引法違反などの罪で起訴され、レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告を首都ベイルートで事情聴取した。そのうえで、当分の間ゴーン被告が国外へ渡航することを禁止している。ゴーン被告がレバノンで雇った弁護士は渡航禁止について、「捜査中の事案であり通常の措置だ」と発言。なお国外への渡航禁止命令は、検察が捜査する期間に限ったものとみられる。

飯田)国際刑事警察機構が、国際手配書をレバノン当局にも送付しております。当然、日本の警察当局が請求したものですが、一連のゴーン被告の動きをどうご覧になりますか?

【日産、カルロス・ゴーン容疑者逮捕】日産自動車グローバル本社=2018年11月22日 写真提供:産経新聞社

ゴーン被告の弱点は「マネーロンダリング案件」だということ

奥山)基本的には、マネーロンダリング案件というところがゴーンさんのいちばん弱いところか、ということです。8日夜の記者会見を私も見ていたのですが、よくもこれだけ「自分が正しい、自分がすごい」と言えるなと。そういうところをずっと強調するだけで、中身が何もないという印象でした。

飯田)新しい情報が何もなかったですよね。

日産前会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡について記者団の質問に答える森雅子法務相=2020年1月6日午前、東京・法務省 写真提供:産経新聞社

「日本の司法が悪い」というキャンペーンは成功~弱かった森法務大臣の反論

奥山)「真犯人を教える、それは西川さんです」と言っていましたが、それには思わず「知っていましたよ」と突っ込みたくなるものでした。外国メディアの反応も見ましたが、基本的にはゴーンさんが何をやっていたのか知らない方々が、あの圧力のあるプレゼンに押されて、「日本の司法はよくないのだな」と受け止めたようで、ゴーンさんの思惑通りという感じでした。

飯田)成功してしまった。

奥山)彼らがあの会見を見て思ったのは、「ゴーンさんがマネロンをした」という事実ではなく、「日本の司法システムが悪いから出て来たのだ」ということです。そんなゴーンさんの考え方に乗った感じの議論が出ているということは、非常にまずいと思います。日本では法務大臣の森まさこさんが反論していましたけれど、その反論は弱かったです。指摘されたことに対して押し返してはいるのですけれど、プラマイゼロで、情報戦としてはその先に攻め込まなくてはいけない。「ゴーンさんは実はマネロンをやっていた」というところまで言って欲しかったですね。

飯田)マネーロンダリングは、日本でももちろんインパクトがありますけれど、欧米社会において「この人はマネロンをやっていた悪い奴なのだ」というのは大きいことになりますか?

奥山)大きいです。特にゴーンさんがまずいのは、会社の金と自分の金を公私混同していたというところです。「金に汚い奴」という印象になりますからね。

飯田)自分で損したものを、全部日産に押し付けようとしたわけですよね。

奥山)そうです。しかも、いまレバノンで奥さんが住んでいる場所も、日産のオランダの子会社が買ったところです。完全に公私混同が入っているということが、非常に問題だと思います。ここは逆に、日本側の攻めどころだと思います。

三菱自動車岡崎製作所と隣接する研究開発拠点を初めて視察するカルロス・ゴーン会長=2017年5月19日 愛知県岡崎市 写真提供:時事通信

会見から見られる「レバノン商人」としてのゴーン被告

飯田)なるほど。しかし、レバノンの人たちの受け止め方としてはどうなのですか?

奥山)レバノン人がどうだとは言いたくないのですが、「レバノン商人」と言いますか、私も昔レバノンの人と付き合いがありました。しかし、どうしても彼らの「金の原理のようなものでしか動かない」というところが如実に見えてしまって、いい気はしませんでしたね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top