ユーモラスでエッジーな2人が帰って来た!

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第772回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

 

今回は、1月31日に全国公開された『バッドボーイズ フォー・ライフ』をご紹介します。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

ウィル・スミス主演で大ヒット、『バッドボーイズ』「バッドボーイズ 2バッド』に続く、シリーズ最新作!!

ジェリー・ブラッカイマーがプロデュース、マイケル・ベイ監督のデビュー作となった『バッドボーイズ』(1995年)。

全編にユーモアを混じえ、カーアクションや銃撃戦もたっぷりと盛り込まれたこの映画は、新しいタイプのアクション映画として人気に。それと同時に、当時27歳だったウィル・スミスを一躍ハリウッドのスターダムに押し上げたことでも知られています。

そんな記念碑的作品の17年ぶりの新作となる第3弾『バッドボーイズ フォー・ライフ』が、絶賛公開中です。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

マイアミ市警の敏腕刑事、マイク・ローリーとマーカス・バーネット。数々の共同捜査を乗り越え、“バッドボーイズ”として活躍する2人だったが、マーカスは愛する家族のために、危険な職務から引退することを考えていた。

そんなマーカスに対し「これが最後だ」と、コンビとして最後の共同捜査を依頼するマイク。若手エリートたちとチームを組み、再びミッションに挑む2人だったが…。やがて、マイクが何者かに命を狙われていることが発覚する。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

いまや大スターとなったウィル・スミスとマーティン・ローレンス。ワイルドで無鉄砲な“危険すぎるコンビ”ぶりは、今作でも健在。ますますパワフルになった、元気すぎる“イケオジ”ぶりで観客を魅了します。

監督は、Variety誌が選ぶ2018年の「観るべき10人の監督たち」にも選出されているアディル・エル・アルビとビラル・ファラー。過去作品へのオマージュを散りばめた、超ハイテンションでエモーショナルなアクションシーンの数々は必見です。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

マイクとマーカスがポルシェでマイアミの街を疾走する冒頭シーンを観た途端、「バッドボーイズが帰って来た!」と興奮を覚えること間違いなし。ユーモラスで愛すべきバッドボーイズの“最後の任務”を見届けて。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

『バッドボーイズ フォー・ライフ』

2020年1月31日(金)から全国ロードショー
監督:アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー
脚本:ジョー・カーナハン、クリス・ブレムナー
出演:ウィル・スミス、マーティン・ローレンス、ヴァネッサ・ハジェンズ、アレクサンダー・ルドウィグ、チャールズ・メルトン、パオラ・ヌニュス、ケイト・デル・カスティーリョ、ニッキー・ジャム、ジョー・パントリアーノ
公式サイト https://www.badboys-movie.jp/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top