ピップ株式会社・代表取締役社長 松浦由治~「ピップエレキバン」開発秘話

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)にピップ株式会社・代表取締役社長の松浦由治が出演。ピップ株式会社が現在の業態に至った経緯について語った。

松浦由治

黒木)毎日さまざまなジャンルのプロフェッショナルにお話を伺う「あさナビ」、今週のゲストはピップ株式会社・代表取締役社長の松浦由治さんです。私もピップエレキバンで、かつて広告に出演させていただいたことがあります。

松浦)2002年2月から契約をお願いして、3年間やっていただきました。

黒木)ピップ株式会社といえば、「ピップエレキバン」、「ピップマグネループ」、そして「スリムウォーク」など、数々のヒット商品を送り出している企業でいらっしゃいます。スタジオにもいろいろ持って来ていただきましたが、この「足裏バンド」がいちばん新しいものですか?

松浦)そうですね。エレキバンの足裏バンドで、女性がハイヒールを履いたりして、疲れた足裏をケアするものです。

黒木)本当にいろいろなヒット商品があるのですけれども。

松浦)もともと、私たちは卸売業でした。卸で取引しているメーカーさんがいますので、メーカーさんから出ている商品を、我々が後追いでつくるというわけには行きません。そこで、消費者の方々のニーズやシーズを探索しながら、「こういうものがあったらいい」というものをピックアップし、アイデアを出しました。それを調査にかけて具現化するのですが、全部を私どもだけでできるわけではありませんから、協力していただいているメーカー様などとお話をしながら、「新しい技術ができました」、「こんな素材ができました」という情報を頂戴して、それを具現化したのです。

黒木)現在も、そのように商品開発をしているということですね。女性向けの商品が多いのですが、女性に対して優しい商品を目指していらっしゃるのですか?

松浦)メインの販売先がドラッグストアなので、お客さんの8割が女性のため、女性向けの商品が多くなりますが、皆さんが健康に楽しく過ごせるような商品を考えて行こうと思っています。

黒木)人々の健康を支える事業でいらっしゃいますから、社長自身が健康でないといけないわけですよね。

松浦)なるべく歩くようにして、毎朝、毎晩、体重計に乗り、その日の体重をチェックしながら食事を調整しています。2年ほど前に健康企業宣言というものを出しまして、そのときにある企業さんとコラボして、体重計や体組成計などを提供いただき、全社員に持ってもらい、健康チェックをしてもらっています。

黒木)社員の方全員に。

松浦)全員ですね。たまにイベントのようなかたちでウォーキング大会を開催したり、あるいは、毎日のように体操の動画を配信して健康を管理し、体を動かすということもやっています。

松浦由治

松浦由治(まつうら・よしはる)/ピップ株式会社 代表取締役社長

■1958年、東京都大田区育ち。
■早稲田大学卒業後、1984年に三星堂(現Paltac)入社。物流・営業・人事を経験。
■1988年「ピップフジモト(東京)」入社後、1989年、米国P&Gでセールスアシスタント修行。
■1992年、東京に戻り、業務改革・小売・商品開発・卸等を指揮。
■2005年に社長就任。
■2010年、東西事業会社の合併でピップ副社長に。2018年に社長就任。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top