サイバー空間では「第三次世界大戦」が始まっている~青山繁晴

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月21日放送)に自由民主党・参議院議員の青山繁晴が出演。イギリス政府が東京オリンピック・パラリンピックの関係団体などに、ロシアの情報機関がサイバー攻撃を行っていたことを発表したニュースについて解説した。

米司法省の記者会見で提示されたロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のハッカー6人の写真=2020年10月19日、ワシントン(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社

ロシアの情報機関が東京オリンピック・パラリンピックの関係団体にサイバー攻撃

イギリス政府は10月19日、2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの関係団体などに対し、ロシアの情報機関がサイバー攻撃を行っていたと発表した。攻撃の具体的な内容、被害については公表されていない。

飯田)ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)がやっていたのではないかということですが、日本政府は反応していません。

青山)あえて反応しないということですね。ロシアの大統領補佐官は「ロシアやロシアの情報機関がサイバー攻撃をしたことはない」と発言しています。何をおっしゃっているのでしょうか。第三次世界大戦は起きていないと思われていますが、サイバー空間では、第三次世界大戦が始まってから何年も経ちます。そのなかで日本はこのままだと、また敗戦国になります。強国なのはロシア、アメリカ、中国、北朝鮮です。

ウラジミール・プーチン大統領=2020年9月19日 写真提供:時事通信

ロシアは日本と喧嘩しようとは思っていない~あえて反応しない日本

青山)東京オリンピック・パラリンピックを潰して、日本を潰すということは、ロシアは考えていません。ロシアが心配なのは中国ですから。

飯田)中国にやられるのではないかと。

青山)中国軍の方が、ロシア軍よりも数倍の戦力を持っています。地政学的に挟み撃ちが有効なのですが、強大な中国を挟み撃ちできるのは、ロシアにとっては日本しかありません。ですので北方領土を返す気がなくても、菅総理に代わったら、「2島返還論の議論をしますか?」と言っているのです。そうやって日本の気を引くのはロシアの基本戦略です。日本は、中国の武漢熱のために今年(2020年)オリンピック・パラリンピックができなかったという深刻な問題を抱えて、来年どんな苦労をしてでもやろうとしています。そこにロシアがサイバー攻撃して来たとなると、普通であれば、日本政府は怒り心頭なのですが、ロシアは「(オリンピックに)ドーピングして来たからダメなどと言わないで、ロシア選手団も呼んでよね」というメッセージを送っているのです。

飯田)平昌のときの韓国みたいなことをするなよと。

陸上自衛隊と米陸軍が実施したサイバー競技会で、問題に取り組む陸自隊員ら=2019年8月22日、防衛省 写真提供:時事通信社

第三次世界大戦サイバー版~日本は自衛隊のサイバー部隊を増強するべき

青山)ロシアは日本とまともに喧嘩しようとは思っていません。だから日本は「相手にしない」という姿勢でいるのです。イギリスはそういう事情をわかった上で、スポーツの祭典にサイバー攻撃が持ち込まれるということは、第三次世界大戦サイバー版を過熱させ、社会生活、国民生活に被害が出る恐れがあるので、止めようとしているのです。

飯田)日経が「サイバー防衛で産学官連携」という記事を掲載しています。

青山)要は自衛隊の人数が足りないのです。第三次世界大戦が始まっていると言っているのは、誇張はなく、軍レベルのことなのです。私も情報を扱っていますが、私のパソコンとスマホは軍レベルのセキュリティをしています。個人でやっているので、すごくお金がかかります。そういう段階なので、日本は自衛隊のサイバー部隊の強化が必要なのです。ITやサイバーは人数が少なくて済むというイメージがありますが、それでも人員と費用がかかります。日本は防衛費が抑え込まれているので、お金も人も足りません。こういうことを教訓にして、自衛隊のサイバー部隊を増強することを、国民に訴えるべきだと思います。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top