筋肉って何歳になってもつくの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(2月12日放送)で、「筋肉がつく時期」に関して医師が回答した。

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『運動不足解消のために近所のジムに通っています。ジムには元気なシニアがたくさんいらっしゃいます。バランスボールを乗りこなすグレイヘアが素敵な方や、生き生きとダンベルを持ってハッスルしている70歳くらいの男性なども通っています。元気で羨ましいなと思う一方、「筋肉っていくつになってもつくものなのかな?」と疑問に思いました。高齢になったらさすがに筋肉はつきづらいと思うのですが、どうなのでしょうか?』に対して、医師が回答した。

70歳、80歳を超えても、トレーニングをすれば筋肉はつきます!

ただ、若いころに比べると関節のすり減りも起こっていますし、靭帯・筋肉の柔軟性も低下していますから、あまり強い負荷をかけるとケガのもとになります。

強い負荷をかけられないということは、トレーニング効率が落ちるということです。若い人ほど簡単には筋肉がつかないと言えるかも知れません。

元気な老後を過ごすために、筋肉はとても大切です。なかでも「下半身」の筋肉・筋力の維持は重要です。脚などの筋力が衰えると、自力で歩けなくなり、介護をしてもらうことにつながります。いつまでも自分の脚で歩きたいのならば、トレーニングは欠かせません。

ここで、簡単にできるトレーニングをお教えしましょう。いすに座って、左右交互に5秒ずつ膝を伸ばす膝体操です。

膝などに痛みのない方は転倒に気を付けて、左右交互に30秒ずつ片足立ちの訓練をするのもおすすめです。徐々に回数を増やして行くとよいでしょう。

回答協力:東京衛生アドベンチスト病院

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top