「お花系」「ハーブ系」「柑橘系」どれがいい? アロマオイルの選び方

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。今回のテーマは「アロマ」です。

「アロマオイル」は大きく分けると6つの種類があります。バラやラベンダーなどの「お花系」、ミントやローズマリーなどの「ハーブ系」、オレンジやグレープフルーツなどの「柑橘系」、サンダルウッドなどの「樹木系」、ヒノキやユーカリなどの「樹脂系」、ショウガやブラックペパーといった「スパイス系」です。

どれもそれぞれ香りや特徴、期待される効果が違いますので、その時々に合わせてお選びください。とはいっても、たくさんの種類がありますから、どう選んでイイのか? 難しいですよネ。そんな時は「好きな香りを選ぶ」というのが一番良いそうです。

オイルの成分や効果は確かに大切ですが、嫌いな香りでは絶対にリラックス出来ません。アロマオイルを選ぶ時は”その香りが好きかどうか”が、まずは大事だそうです。

100%天然素材のエッセンシャルオイルの場合、アロマセラピーの専門店でお求めになるのがいいそうです。専門店の場合、知識が豊富な販売員の方がいますので、選び方や使い方などいろいろ相談されると安心です。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top