カレンダーの日付の色 土曜日が青になった理由

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。今回のテーマは「カレンダー」です。

カレンダーの日付の色には、特に決まりはないそうです。それでも月曜日から金曜日は「黒」で、日曜日と祝日は「赤」というのが定番です。ところが日本では、土曜日を「青」にしたカレンダーもあります。

土曜日を「青」にするようになったのは、「週休2日制」と関係しているそうです。土曜日もお休みにする企業が増えていく中、それに対応して土曜日を「青」で表示するカレンダーも増えていったそうです。

数ある色の中から「青」が使われている理由ですが、これは印刷に関係があるそうなんです。一般的なカラー印刷のことを「フルカラー印刷」といいますが、4つの原色のインキを掛け合わせて使います。その4つの色とは「シアン」、「マゼンタ」、「イエロー」、「ブラック」です。

シアンとは“緑がかった青”で、マゼンタは“鮮やかな赤紫色”です。この中でマゼンタは休日、ブラックは平日に使われていますので、残るはシアンとイエローです。ところがイエローの場合、真っ白な紙に印刷すると目立ちにくい、見づらいということが分かりました。そうなると必然的に残ったシアンが使われるようになったと考えられるそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top