ダイアモンド☆ユカイが経験した、不妊治療の失敗と成功

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(5月2日放送)に、ミュージシャンのダイアモンド☆ユカイが出演。自身の不妊治療について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):前回、「無精子症」の手術を受けたというお話を伺いました。その後、2度の体外受精に失敗してしまったそうですね。

ユカイ:蓋を開けてみると、不妊治療は女性の方が大変なのですよね。自分の場合は体外受精のなかでも、「顕微授精」でなければ子どもを授かることができない。卵子を取り出さないといけないのです。それが、人にもよるらしいのですが、男性の比ではありません。「いい卵子をつくり出さないといけない」という精神的なプレッシャーが大きかったようです。男性は見守ることしかできない。それが本当に辛いのです。

自見はなこ:一度は諦めたそうですね。ところが、奥様から「もう1回」と提案された。

ユカイ:振り返ってみると、不妊治療をしていたのは2年ぐらいだったのですが、当時は10年ぐらいに感じていました。毎日、人生が不妊治療でした。失敗すると、とてつもなくショックなのですよ。お金もたくさんかかります。2度の失敗のあと、妻とギクシャクしてしまい、「もうやめよう」と言いました。「人生を不妊治療に費やすのはやめよう。ふたりの人生もあるじゃないか」と諦めていたのですけれど、妻が「もう一度、挑戦させて」と言い出したのです。どうせやるならと思い、いろいろ調べて、北九州に行きました。自分としては旅行がてら、妻も「できたらうれしいけれど」ぐらいの気持ちで挑戦しました。

淵澤:そこで授かったのですよね。

ユカイ:びっくりしました。自分としては0%の気持ちでしたから、「こんなことってあるんだな」と思いました。

自見:そしてお嬢様が誕生しました。そのときのお気持ちはいかがでしたか?

ユカイ:人生をやりたい放題やって来た自分が、「親になれる喜び」ですね。

※ダイアモンド☆ユカイの☆は六芒星が正式表記。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)


Page top