杉浦太陽が“子どもの検診日”にすべて立ち会う理由

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(8月15日放送)に、俳優の杉浦太陽が出演し、新婚当時について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):杉浦太陽さんは、2007年にタレントで元「モーニング娘。」のメンバー・辻希美さんとご結婚されました。

杉浦:結婚して15年目になります。

自見はなこ:杉浦さんのご実家に辻さんが初めて訪問した際、家に入るとすぐに「ご先祖さまにお線香をあげさせてください」と言われた。この言葉を聞いて、杉浦さんはご結婚を意識されたそうですね。

杉浦:そうですね。うちの母に挨拶に行ったとき、「お邪魔します」のあと、すぐに「お線香をあげさせてください」と言ったことに、とても驚きました。「この人と結婚したら家族を大事にしてくれるのかな」と感じました。母も感心していました。

淵沢:このころ、辻さんはまだ19歳でした。

杉浦:逆に、妻の実家へ行ったときに辻パパ、辻ママとお正月を過ごしたのです。すごく居心地がよくて、仲良くなれると思いました。甘えつつ、最低限の気配りはしながら。いまでも辻パパとは週に2~3回、家に来て一緒に飲んでいます。

自見:すごいですね。ご結婚を発表されたとき、辻さんのお腹には赤ちゃんがいらっしゃいました。初めての妊娠ということで、奥様は大変だったそうですね。

杉浦:結婚の記者会見をしてから、2ヵ月後に結婚式だったのです。神父さんにも「妊婦なので早めにお願いします」とお伝えしました。神父さん側も「わかりました」ということだったのですが、私たちに対してテンションが上がってしまったのか、「聖書を1冊分読んだのかな?」というくらい語っていただいて(笑)。私たちも初めてだったので、「こういうものなのかな」と思っていました。私はいいのですが、(妊婦の)妻が大変だったと思います。でも、いまではいい笑い話になっています。

自見:検診にも立ち会われているそうですね。

杉浦:男って、親になる意識がどうしても女性より遅いのですよ。お腹にいる、いないということで。だから父親としての自覚を出すため、検診日はスケジュールを合わせて全部行っています。

自見:お子さん4人ともですか?

杉浦:4人ともです。

淵沢:お仕事をしながらだと大変ですよね。

杉浦:仕事のスケジュールもずらしてもらいながら、一緒に初めてを味わおうと思っています。妻からは「一緒に来なかったら抱っこさせない」と言われています(笑)。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)


Page top