トヨタがル・マン24時間レースを4連覇! ワンツーフィニッシュで歴史的なレースを制す

By -  公開:  更新:

8月22日(日)フランスのル・マン・サルト・サーキットで行われたFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦、第89回ル・マン24時間レースの決勝レースがゴールを迎えました。TOYOTA GAZOO Racing(以下TGR)の2台のGR010 HYBRIDは1-2フィニッシュでこの歴史的なレースを制し、チームはル・マン24時間レース4連覇。そして新たなハイパーカーというカテゴリーでの、初めての勝者となりました。

24時間にわたる長いレースの後半戦、2台のGR010 HYBRIDは燃料システムのトラブルに見舞われましたが、ネバーギブアップの精神でこれを克服しました。

マイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの3名が駆るGR010 HYBRID 7号車は、過去数年に渡り、この伝統的大イベントで最速を誇りながらも勝利を逃してきましたが、ついに表彰台の中央に立つことが出来ました。シリーズのディフェンディングチャンピオンである7号車は2021年のル・マン24時間レースを、ポールポジションからスタートし、24時間で走り抜いた371周の大半をリードして、トップでチェッカーを受けました。

昨年のウィナーであるセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーのGR010 HYBRID 8号車も2位で続き、GR010 HYBRIDのル・マンにおけるデビュー戦で、チームにとって完璧な勝利をもたらしました。この勝利により、TGRは今季ここまでの4戦全勝を続けています。

波乱に満ちた24時間レースは、強い雨の中、ヘビーウェットコンディションで幕を開けました。フォーメーションラップを終えて本格的なレースへのスタートが切られた直後、ブエミの駆る8号車は、グリッケンハウス708号車に追突され、最後尾まで後退を余儀なくされました。

ポールポジションからスタートした7号車は、2度にわたるタイヤパンクに見舞われながらもコンウェイのドライブで首位を堅守。8号車のブエミは、周回遅れの車両と接触したことでホイールリムにダメージを負い、パンクを喫するなど更なる不運に見舞われながらも、猛烈な追い上げで上位争いに復帰しました。

スタート時の雨はまもなく止み、路面は一旦乾きましたが、スタートから6時間が経過した頃、再びコースは雨に見舞われ、これに足をすくわれた車両によるアクシデントが発生。20分間にわたるセーフティカーが導入されました。そんな中でもロペスに交代した7号車は、ハートレーのドライブでプレッシャーをかける2位の8号車との差を守り、首位をキープしました。

その後、スローゾーンやセーフティカーの導入により、首位を争う2台のGR010 HYBRIDは順位を入れ替えながらのバトルを繰り広げ、3位のアルピーヌ36号車以下との差を1周以上に拡げることができました。

レースが折り返しを過ぎると、7号車の小林が、追うハートレーの8号車に対し、差を30秒以上にまで拡げました。8号車は14時間を過ぎたところで中嶋にドライバー交代する際、軽微なダメージによる空力性能の低下を防ぐため、車両前部の交換を行いました。

レースが残り6時間を切った頃、TGRのピットは緊張に包まれました。8号車の燃料システムにトラブルが発生し、給油しても予定していた周回をこなすことができなくなりました。当初の予定よりも短い間隔で給油ピットを行いながら、チームは懸命に解決策を模索し続けました。

その時点で3位のアルピーヌとは4周の差がついていましたが、問題の解決には時間がかかりました。チームは懸命な努力で対策を見出し、ドライバーがコースの決められた場所で特定のセッティングを施すことで、8号車は予定された周回をこなすまでに戻りました。

その後、7号車にも同じトラブルが襲いかかりましたが、8号車で施した対策法を小林とロペスが理解して迅速に対処したことで、7号車は十分に開いていた後続との差を失わずに済みました。ドライバーとレースエンジニアとの緊密なコミュニケーションにより、その後トラブルを最後までコントロールすることができました。

最後のスティントは、7号車は小林、8号車は中嶋がドライブ、レース最後の数周は2台によるランデブー走行。スタートから24時間が経過した現地時間午後4時過ぎ、多くの観客が見守る中、2台は並んで波乱に満ちた長いレースのチェッカーを受け、TGRは1-2フィニッシュという最高の形で、ハイパーカーの歴史にその名を刻みました。

 

<<豊田章男(TOYOTA GAZOO Racingチームオーナー)のコメント>>

可夢偉、マイク、ホセ、やっと"忘れ物"を取ってこれましたね。

おめでとう!本当によかった!

ル・マンでトヨタが3連勝できても...
君たちがシリーズチャンピオンに輝いても...
私は心の底から喜ぶことができずにいました。

それは君たちがル・マンで悔しい思いしかしていなかったから。それも、君たちドライバーのせいではなく、我々のつくったクルマやチームが至らずに、そんな思いをさせ続けてしまっていたからです。だから、君たちに話しかける時、私はずっと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

だけど君たちは、一度も誰かを責めることはしませんでした。常に、どうやって失敗を無くしていくか?どうやったらみんなで強くなっていけるか?それだけを考え、勝つための戦いを続けてくれていました。

その3人が、やっと24時間を走り切ってチェッカーを受け、表彰台の一番高いところに立ってくれた。そして、心からの笑顔でシャンパンを掛け合ってくれていました。その姿を、ようやく見ることができて、涙が出るほど嬉しく、そして、ホッとしました。本当におめでとう!本当にありがとう!

可夢偉がシャンパンの栓を、なんのトラブルもなく抜いた姿もちゃんと見ていました。シャンパンの抜き方を忘れない内に勝てるクルマを準備できて本当によかった(笑)

一貴、セブ、ブレンドン2位は悔しい結果だと思うけど、ワンツーフィニッシュをありがとう。8号車に出たトラブルを、セブが走りながら対処し、その方法を7号車にもシェアしてくれたと聞きました。セブ!そして8号車メンバーのみんなありがとう!

しかし、そのトラブルは前戦のモンツァでも発生していたもの...、それを直せぬままル・マンを走らせてしまいました。本当に申し訳なく思います。我々は、ドライバーがもっと安心して気持ちよく走れるクルマに進化させていかなければなりません。

来シーズン、このレースには100%再生可能燃料が導入されると発表されました。新燃料の開発に尽力されている方々、そして、その導入をご決断いただいた皆さまに敬意を表します。

このレースを通じても、我々はカーボンニュートラルに向け、選択肢を広げていく努力ができることになりました。モータースポーツという真剣勝負の場だからこそ、技術開発のスピードを上げていけると信じています。

ドライバーが乗りやすいクルマ、ファンがもっと熱くなれる魅力的なレース、そして、そうした活動を、この先もずっと続けていけるよう、我々は様々な技術開発の努力を続けてまいります。

ファンの皆さま、今回もご声援ありがとうございました。
今後も引き続き、応援いただければ嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

~TOYOTA GAZOO Racing  2021年8月23日 プレスリリース より


Page top