「約束手形」はこれで覚えた? 昭和生まれの大ヒットゲーム

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月6日放送分のテーマは「昭和生まれのゲーム」です。

【新元号発表】東京・渋谷のSHIBUYA109の前では、新元号「令和版」の人生ゲームが配布されるイベントが行われた=2019年4月1日、東京都渋谷区 写真提供:産経新聞社

1960年、アメリカで“実際の人生で起こる出来事”を盛り込んだボードゲーム「The Game of LIFE」が発売されました。その8年後、1968年(昭和43年)に「The Game of LIFE」を日本語に直訳し、タカラから発売されたのが「人生ゲーム」です。

当時のボードゲームは、サイコロを振っていかに早くゴールを目指すかという、いわゆる「すごろく式」のものがほとんどでした。そのため、「人生」をテーマにしていたり、自分を表すピンを刺した自動車型のコマや、ボード上の立体的な山や建物、おもちゃのドル札でのやりとりはとても斬新でした。

また、「約束手形」という言葉を人生ゲームで知った方も多いようです。何より、サイコロの代わりにルーレットを使うのが画期的でした。こうして人生ゲームは、子どもから大人まで夢中になる大ヒット商品となりました。

マスに書かれた項目はアメリカ版をそのまま直訳しているので、「牧場の跡継ぎになる」など、日本ではあまり馴染みのないものが多かったのも特徴的でした。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top