宇宙空間はなぜ「黒く」見えるの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。8月31日放送分のテーマは「宇宙の豆知識」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

約46億年前、太陽が誕生しました。それとほぼ同時期に地球も、火星や金星、木星といった太陽系の惑星と一緒に生まれています。

太陽は生まれたときから燃え続けています。しかし、50億年後には燃えるものがなくなって、太陽は輝き続けることができなくなると言われています。その後、太陽は地球や火星の軌道付近までふくらみ続け、地球は太陽に飲み込まれると考えられています。

最後には太陽も爆発し、ガスやチリとなって宇宙にまき散らされ、また新しい星が生まれる材料になると言われています。

ところで、宇宙の画像や映像を見たとき、太陽で国際宇宙ステーションやスペースシャトルは明るく照らされているのに、その背景は真っ黒に見えます。これは「太陽の光を反射するものがないから」だそうです。

地球には空気があるため、空気中の小さな粒・分子に太陽の光が当たり、それがさまざまな方向に反射しています。このとき、青い光が最も反射が大きいので、空が青く見えるのです。

ところが宇宙はほぼ真空状態ですので、反射するものがなく、太陽の光は真っ直ぐ通過してしまいます。つまり、私達の目に戻って来る光がないので、宇宙空間は黒く見えるというわけです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top