「出川哲朗の“ギャラクシー賞”のきっかけ「笑いさえ起これば、俺はなんでもいい」は、天野ひろゆきに救われた言葉だった」の写真

【プロ野球 巨人ファンフェスタ2012】【ジャイアンツ選抜チーム 対 ブラックバラエティチーム】3回 乱闘の末、服を脱がされた出川哲朗(中央)=2012年11月23日、東京ドーム 写真提供:産経新聞社
天野ひろゆき、宮島咲良、出川哲朗
天野ひろゆき、宮島咲良、出川哲朗
出川哲朗、天野ひろゆき、宮島咲良
出川哲朗、天野ひろゆき、宮島咲良
放送には間に合わなかったが、仕事のあいだに駆けつけたウド鈴木。そして風のように去っていった。
放送には間に合わなかったが、仕事のあいだに駆けつけたウド鈴木。そして風のように去っていった。
天野ひろゆき、出川哲朗、宮島咲良
天野ひろゆき、出川哲朗、宮島咲良

この記事の画像(全5枚)

天野ひろゆき、宮島咲良、出川哲朗
出川哲朗、天野ひろゆき、宮島咲良
放送には間に合わなかったが、仕事のあいだに駆けつけたウド鈴木。そして風のように去っていった。
天野ひろゆき、出川哲朗、宮島咲良

記事を見る

Page top