自民党・三原じゅん子、『金八先生』出演時は「山口百恵様をイメージ」

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(2月27日放送)に、自由民主党・参議院議員の三原じゅん子が出演。幼少期の話を語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

自見はなこ:三原じゅん子先生は、東京都板橋区のご出身です。お父様・お母様と、3歳年上のお兄様の4人家族。とにかく「人見知り」だったそうですね。

三原:しゃべらない、笑わない、感情を表に出さない。大人を観察する子どもだったようです。

淵澤由樹(アシスタント):ご両親は心配されたのではないですか?

三原:そうですね。人前でちゃんと発言できるよう、児童劇団に入れたりなど。

自見:劇団では「責任感・使命感・協調性」を学ばれたそうですね。

三原:その児童劇団が、自主公演の舞台を年に3回ほどやっていました。そのため、「自分が遅刻したり失敗すると迷惑をかけるのだ」ということを学びました。とても厳しい劇団で、毎日3時間ほど正座。私語などしたら、いまでは絶対してはいけないような体罰もありました。

自見:三原さんは15歳のときに、ドラマ『3年B組金八先生』にご出演されました。当時の学園ドラマでは珍しい「不良役」をやることになるのですが、演じてみていかがでしたか?

三原:当時、山口百恵様が大好きで、百恵様をイメージして演技しました。

自見:その後、歌手デビューされます。我々のような視聴者からは、順調に活動されているように見えましたが、実は当時、体調を崩されて大変だったそうですね。

三原:そうですね。歌だけのアイドルではなく、プラスしてドラマを主役含め2本掛け持ちしていました。寝る時間も1~2時間どころか、「なかった」のです。

淵澤:そうだったのですか!

三原:着替えたり、シャワーを浴びたりするために家に帰るだけで、すぐにまた出て行かなければならない。それをずっと続けていたら、心も身体も……。当時は「パニック障害」という名称もなく、自分でも何がなんだかわかりませんでした。

自見:現在の感覚で言えば、過重労働ですものね。しかも主役というプレッシャーもある。

三原:視聴率が悪ければ主役のせいですからね。

自見:10代から過酷なプレッシャーを感じていたのですね。すごいご経験だと思います。また、この番組ではゲストの方に、想い出の本についてお伺いしています。

三原:野田聖子さんの『私は、産みたい』です。それを読んで「政治家になりたい」と思い、野田聖子先生のところの門を叩きました。子どもを産めない辛さを、誰よりもわかってくれるのではないかと思えたのです。「そういう政治家が日本にいたんだ」と心強く思い、衝撃を受けました。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top