「高さを調節できる学習机」って、いつごろできたの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。3月29日放送分のテーマは「学習机の進化」です。

※画像はイメージです

1962年(昭和37年)、「イトーキ」が日本で初めてとなるスチール製の学習机『ジュニアデスク』を発売したのをきっかけに、学習机の文化が根付いて行きます。

1964年には「くろがね工作所」が、学習机『くろがねリビングデスク・リビングチェア』を発売しました。当時は畳の部屋が主流だったため、畳を傷つけないのもポイントの1つだったそうです。

さらに翌1965年には『くろがねリビングデスクチェア・ジュニア』を発売しました。この机は、高さを52cm~73cmまで、8段階に変えることができたそうです。子どもの成長に合わせて高さを調節できるので、小学1年生から中学・高校、さらには大人になっても使うことができました。

それまでの学習机も高さを調節することはできたのですが、数cm程度だったそうです。それに対して最大21cmも調節できたわけですから、すごいですよね。もちろん机の高さに合わせて、イスの高さも最大10cmまで調整できたそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top