大ヒット学習机となった「くるくるメカ」って何?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。3月31日放送分のテーマは「学習机の機能」です。

※画像はイメージです

1967年(昭和42年)、「コクヨ」が学習机『コクヨホームデスク』を発売しました。その後もコクヨは、さまざまな工夫を学習机に取り入れて行きます。

例えば、棚の部分に鉛筆削りや時計が付いた机がありますが、こういった機能を学習机に初めて取り入れたのは、コクヨなのだそうです。

さらに1981年には、子どもでも簡単に高さ調整ができる学習机、『ロングランデスク“くるくるメカ”』を発売しました。従来の学習机も、子どもの成長に合わせて高さを調節できましたが、なかなか大変な作業が必要でした。

まず机の上のものを片付けて、棚に入っている本などを取り出し、横のビスを緩める。机と棚の部分を持ち上げながら高さを調節して、最後にまたビスを締める……。この作業は小さい子ども1人ではできませんし、ある程度大きくなっても大変なものでした。

しかし、『ロングランデスク“くるくるメカ”』の場合、机の下のハンドルをくるくる回すだけで高さの調整ができました。これならお子さんでも作業が可能です。

「くるくるメカ」というわかりやすい名前と、実際にハンドルを回すところを映したテレビCMの影響もあって、大ヒット商品となりました。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top