ヌンチャクを始めたきっかけは大物ミュージシャン? お笑いコンビ・ロケット団の三浦が語る伝説の一幕

By -  公開:  更新:

4月2日(土)、お笑いコンビ・ロケット団の三浦昌朗(みうらまさあき)と倉本剛(くらもとごう)がパーソナリティを務めるラジオ番組「ロケット団の定例ラジオ」(ニッポン放送・毎週土曜15時30分~)が放送。今年ヌンチャクを始めたという三浦が、そのきっかけについて語った。

ロケット団

これまで水曜の夜に放送していたこの番組『ロケット団の定例ラジオ』は、この4月より毎週土曜15時30分からという形で時間帯を変えて放送。番組としては新たなスタートということで、最近新しく始めたことについてトークした2人だが、その中で三浦が、今年からヌンチャクをやり始めたことを明かした。

その話を「初めて聞いた!」と驚く倉本が始めたきっかけを尋ねると、三浦は、ブルース・リーへの憧れであると回答。そしてもう1人、ある大物ミュージシャンの影響があると語った。

三浦:ブルース・リーもそうなんだけど、俺が中学校のときから1番好きだった、大槻ケンヂ。オーケンさんが好きだったわけ。今も。

倉本:変わらずね。

三浦:好きなんだけど。(大槻が)ライブで昔ヌンチャクをやってたの。

倉本:あ、何か言ってたね。

三浦:そういうのもあって、俺はずっとヌンチャクをやりたかったのよ。

倉本:ライブでやるの?

三浦:やってたのよ。(大槻の所属する)筋肉少女帯は、曲もすごいけど、オーケンさんのMCがすごい面白いから。で、その間に、ヌンチャクやったりしてて。

倉本:トークが面白いからヌンチャク振り回すっていうのが分かんないけど(笑)

三浦:でもカッコ良くない?

倉本:いや、カッコいいよ。

昔から憧れていた大槻の影響もあってヌンチャクを始め、今は、扱い方を解説したYouTube動画などを観ながら勉強していると語った三浦。どこかで披露したいという三浦が「ヌンチャクを使う漫才を考えたい」と願望を話すと、倉本はすかさず「ねーよ、そんなの(笑)」とツッコんでいた。

番組情報

ロケット団の定例ラジオ

毎週土曜日 15:30〜15:50

番組HP

三浦昌朗、倉本剛からなるお笑いコンビ・ロケット団。
漫才協会、落語協会に所属し、寄席などの舞台を中心に活動している彼らが、コンビでは初となる冠レギュラーラジオ番組をスタートします!

Page top