「1日に食べるチョコの量」の目安ってどれくらい?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。5月27日放送分のテーマは「チョコレートの栄養」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい

チョコレートの主な原料であるカカオには、「カカオポリフェノール」というポリフェノールが含まれており、研究の結果、さまざまな効果が期待されることがわかっています。

例えば、血管を広げて血圧を下げる効果や、老化の原因でもある「活性酸素」を取り除く「抗酸化作用」。さらに、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすなどの効果も期待されています。それもあって、カカオ70%以上のチョコに注目が集まっているそうです。

ただし、ホワイトチョコレートは「カカオマス」が使われていないため、カカオポリフェノールの効果は期待できないとのこと。

1日に食べるチョコの量の目安としては、「1日約25グラム」。板チョコだと半分くらいになるそうです。

また、取っておいたチョコを食べようとしたら、まれに表面が白くなっている場合があります。「ブルーム現象」というもので、チョコの脂肪分が温度変化で溶けてしまったものだとか。

カビなどではありませんが、美味しさを損なう原因になるため、温度変化には注意して保管することが大切です。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top