「加齢で眠りが浅くなる」現象はなぜ起こるの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。6月21日放送分のテーマは「睡眠時間」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

人は毎日「何時間眠ればいいのか?」という疑問がありますが、「睡眠時間にはこだわらなくていい」というのが、専門家の方々の見解だそうです。

理由として、睡眠はその人の体質や年齢など、個人的な要素に影響されるからだとか。「理想的な睡眠時間は8時間」とよく言われますが、科学的な根拠はないそうです。

睡眠時間に関するデータによると、夜間の睡眠時間は以下のようになっています。

-----

■10歳まで……8~9時間

■15歳……約8時間

■25歳……約7時間

■45歳……約6時間半

■65歳……約6時間

-----

このように、年齢とともに必要な睡眠時間は少なくなっているそうです。「歳をとるにつれて昔ほど眠れなくなった」という場合は、年齢を重ねていくうちに、必要とする睡眠時間が少なくなっていると考えられます。

睡眠には浅い眠りの「レム睡眠」と、深い眠りの「ノンレム睡眠」の2種類があり、一晩に何回も繰り返しています。ところが、年齢とともに「ノンレム睡眠」が減り、逆に「レム睡眠」が増えていくそうです。

寝ていても眠りが浅いため、すぐトイレに行きたくなったり、ちょっとした物音などで何度も目が覚めてしまう場合があります。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top