「日銀が為替介入に踏み切れば円安は終わる」森永卓郎が持論

By -  公開:  更新:

経済アナリストの森永卓郎が9月12日(月)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。円安が進むなか「なぜ日銀は為替介入をやらないのか」と疑問を投げかけた。

一時1ドル=144円台をつけた円相場のモニター=2022年9月7日、東京都港区 写真提供:産経新聞社

『垣花正 あなたとハッピー!』月曜日~木曜日 8時~11時30分 生放送

7日には、円相場が一時1ドル=144円台と、24年ぶりの円安・ドル高水準をつけた。世界的に原材料が高騰し、円安が輸入物価の上昇に拍車をかけ、家計や企業への影響が出るため、政府・日銀は円安に警戒を強めている。

この状況対し森永は「なぜ日銀は為替介入をやらないのか」と持論を展開。「為替介入は約24年前にやったんですが」としたうえで「いま、日本政府は総額で約140兆円ぐらいの介入資金を持っている。その1割は輸入の決済のために取っておかないといけないんですが、9割は使えるわけです。これを全部売ると、30~40兆円の利益が出る」と、為替介入のメリットを解説。続けて「日銀が介入に踏み切ればそこで円安は終わると思う」と持論を述べた。

では、為替介入を行わなかった場合、今後の円安はどうなるのだろうか。森永は「このままいったら来年早々にも1ドル=160円台までいくと思う」と推測した。

さらに「もしこれが続いたとすると、日本は中国よりもコストが安くなる。いま日本国内で企業がどんどん設備投資を行っている。そうすると日本が世界の工場になり、世界中でメイド・イン・ジャパンの製品が並ぶ」と、人件費などのコストが他国と比較して大幅に安くなってしまう可能性を危惧した。

■番組タイトル:ニッポン放送 『垣花正 あなたとハッピー!』
~3月28日から番組リニューアル。月~水曜日は森永卓郎が週に3曜日生出演。『森卓3DAYS』として、家庭の経済がプラスになるような話題や日々の性格に役立つ情報をたっぷり紹介、経済アナリストの森永の視点で解説していく。
■放送日:毎週月曜~木曜 午前8時~11時30分 生放送
■出演者:
<パーソナリティ>垣花正
<コメンテーター>森永卓郎 (月~水)、中瀬ゆかり(木)
<アシスタント>那須恵理子(月・水)、熊谷実帆(火・木)
■番組メールアドレス:happy@1242.com
■番組ハッシュタグ:#垣花正ハッピー

◆radikoタイムフリーリンク
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20220912080000

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top