日本のマスコミが「バーナンキ氏のノーベル経済学賞受賞」をまともに報道できない理由 高橋洋一が解説

By -  公開:  更新:

数量政策学者の高橋洋一が10月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ノーベル経済学賞の受賞が決まったベン・バーナンキ氏について解説した。

総理表敬に訪れ、官邸を出るバーナンキ前FRB議長=2016年7月12日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

ベン・バーナンキ氏がノーベル経済学賞を受賞

飯田)ベン・バーナンキ氏ら3人について、2022年のノーベル経済学賞の共同受賞が決まったということです。

高橋)この20年、バーナンキさんの話を私は日本でよくしていたのですが、その度に批判されました。

飯田)いわゆる主流派経済学と呼ばれるものに対して、みんな批判的だった。

高橋)いまはひっそりとしています。ノーベル賞を受賞したのですからね。

「金融緩和は禁じ手」と言われていた

飯田)「金融緩和は禁じ手であって、お金をばら撒くことなどやってはいけない」と言われていました。

高橋)みんな言っていたでしょう。その人たちは、いまどうしているのでしょうか。マスコミもまともに報じていません。

飯田)「異例だ、異例だ」という話が多いです。

高橋洋一氏とベン・バーナンキ氏との出会い

高橋)私がバーナンキさんと知り合ったのは、プリンストン大学に行ってからです。

飯田)プリンストン大学の教授として、バーナンキさんがいたということですか?

高橋)私がプリンストン大学に行ったとき、バーナンキさんは学部長でした。

飯田)学部長。

高橋)学部長にはいろいろ書類を出さなければならないから、接触が多かったのです。

飯田)事務手続き的なものですね。

高橋)事務手続きに行くと、経済学の話をするのです。日本の金解禁の話を最初にしました。金解禁とは、金本位制の復帰ということです。城山三郎さんの『男子の本懐』という本があるでしょう。あれは「金解禁が素晴らしい。いい政策を命懸けでやった」という本なのです。財務省(当時は大蔵省)にいたとき、感想文を書かされました。

飯田)財務省にいたときに。

高橋)当時、「金解禁はいい話かどうかわからないのに、命を懸けるのは利口ではない」と書きました。そんなことを書いたのは、財務省のなかで私1人だけだったのです。

飯田)高橋さんだけ。

高橋)私はそれが気になっていたので、バーナンキさんに聞いたのです。そうしたら自分の論文を渡してくれて、「洋一、お前が正しいよ」と言われました。それからの付き合いです。

飯田)昭和恐慌に対するところで、当時の蔵相だった井上準之助が。

高橋)そういうマニアックな話でしたが、彼はよく知っていました。

飯田)それによって、引き締めを行ったのと同じになってしまったという話ですか?

高橋)金解禁をしたのに引き締めになって、「これは間違いだ」という話を最初にしてくれたのです。そして、自身の「金本位制になっている国ほどダメだった」という論文を読ませてくれました。

飯田)1920年代の世界恐慌のとき、管理通貨に移行した国の方がうまくいったと。

高橋)そのことを言ってくれたのです。最初はアカデミックな話でした。

リーマンショックに活きたバーナンキ氏の理論

飯田)バーナンキさんが研究していたテーマが「恐慌に対する銀行システム」の話であり、金本位制へ復帰せずにきちんとお金を積んで、流動性を確保した国の方がよかったという。それが、まさにリーマンショックに活きたわけですね。

高橋)まったく一緒ですね。だから私はその話を日本でやりたかったのだけれど、リーマンショックのときには日銀に白川方明さんという、まったく真逆の人がいたのです。

飯田)米連邦準備制度理事会(FRB)がベン・バーナンキさんで、日本が白川さん。

高橋)すごい差ですね。ここが国力だと思いました。要するにアメリカはあのような事態でも、バーナンキさんのような専門家がいて、きちんと対応できる。日本はまったく真逆でした。

アメリカは大胆に金融緩和したが、日本はしなかった ~日本は円高になり、雇用率も低下

飯田)「ヘリコプター・ベン」などと言われたくらい、マネーを流し込んだ。一方で白川日銀は緩和しませんでした。

高橋)大きな差ができてしまったのです。

飯田)ものすごい円高になり、雇用もダメになって、日本の製造業が次々と外に出ていってしまった。苦しみましたね。

高橋)あれは悪夢のような話でした。

コロナ禍での日本の対応はベン・バーナンキ氏がルーツ

高橋)そのあと、もう一度チャンスがあったのです。東日本大震災のときです。しかし、民主党政権だったのでできなかった。

飯田)当時の政権が。

高橋)そのときに安倍晋三さんと話をして、「こういうやり方があるのですよ」と言ったら、興味を持たれたのです。

飯田)安倍元総理に。

高橋)そして安倍政権になったとき、リーマンショックでベン・バーナンキさんが言ったような話ができたのです。「これでやりましょう」と言って。だからコロナショックのときの日本の対応は世界でもベストで、失業率がほとんど上がりませんでした。

飯田)アベノミクスからのコロナ対応などのルーツには、ベン・バーナンキ氏がいるのですね。

高橋)私の理論基礎はほとんどそうです。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top