『週刊朝日』5月末で休刊へ 「週刊誌業界はこの10年で様変わりした」辛坊治郎が指摘 ~発行部数の低迷止まらず

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎が1月19日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。朝日新聞出版が発行する雑誌『週刊朝日』が今年5月末で休刊することをめぐり、「週刊誌業界はこの10年で様変わりした」と指摘した。

<週刊朝日 週刊朝日5月末で休刊へ>朝日新聞出版が発行する雑誌「週刊朝日」。創刊100周年の増大号(左)と23年1月27日号 写真提供:共同通信社

朝日新聞出版が発行する『週刊朝日』が今年5月で休刊することが分かった。1922年に創刊され、50年代には100万部以上の発行部数を記録したが、現在の平均発行部数は約7万部。今後は、ウェブニュースや書籍部門により力を注いでいく。

辛坊)『週刊朝日』は新聞社系週刊誌の雄です。私、週刊朝日とはご縁があります。読売テレビを退職し、最初にいただいた仕事が週刊朝日の連載コラムでした。見開き2ページ、約2000字を毎週、書くのは大変でしたが、気合いを入れてやりました。そうしたら、10週連続で読者アンケートのナンバーワンになり、週刊朝日の記録をつくったんですよ。私の自慢です。

当時の発行部数はピーク時と比べるとだいぶ低迷していたとはいえ、私の記憶では20万部くらいはありました。10年ほど前の話ですが、それが今や7万部です。つまり、半分以下になってしまったわけですね。週刊誌の発行部数の低迷は週刊朝日に限った話ではなく、この10年ほどで、この業界は様変わりしました。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top