弾道ミサイルを発射~日本海に撃った北朝鮮のメッセージとは?

By -  公開:  更新:

11/29(水)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!①

約2ヶ月ぶりの発射
6:29~ニュースやじうま総研!ズバリ言わせて!:コメンテーター鈴木哲夫(ジャーナリスト)

菅義偉 官房長官 菅官房長官

北朝鮮のミサイル発射を受け、2度目の記者会見に臨む菅義偉官房長官=2017年11月29日午前、首相官邸 写真提供:時事通信

北朝鮮が弾道ミサイル発射 過去最高の高度4,000km超え

本日午前3時18分頃、北朝鮮の平壌近郊からICBMとみられるミサイル1発が発射され、日本のEEZ内に落下した。9月15日以来約2ヶ月ぶりの挑発行為で、さらに軌道は高く撃ち上げるロフテッド軌道とみられ、過去最高の高度まで撃ち上げられたとされる。

森田解説委員)北朝鮮は日本時間の今日午前3時18分頃弾道ミサイルを発射しました。
先程入って来た情報によりますとアメリカのトランプ大統領がホワイトハウスで記者団に対し「北朝鮮の核・ミサイル問題に対処する」と述べて、解決への決意を示したということです。
ミサイルを発射したのは首都平壌近郊の平安南道(ピョンアンナムド)の平城(ピョンソン)付近からと見られております。
小野寺防衛大臣によりますとミサイルはおよそ53分間、およそ1,000km飛翔し、午前4時11分頃に青森県の西およそ250kmの日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したと推定されるということです。日本列島を超える際などに出されるJアラート―全国瞬時警報システムは発令されておりません。
小野寺防衛大臣によりますと、ミサイルの高度は4,000kmを遥かに超える高さで、過去最高の高さにまで撃ち上げたということです。高い角度で撃ち上げ飛距離を抑えるロフテッド軌道だったとみられます。
アメリカ国防総省は初期分析の結果ICBM(大陸間弾道ミサイル)1発だと発表しました。
午前4時過ぎに記者会見をした菅官房長官と6時前に記者団に答えた安倍総理大臣です。

菅官房長官)本日3時18分頃、北朝鮮西岸より弾道ミサイルが発射され、1発が日本海の我が国の排他的経済水域内に落下するものとみられます。

安倍総理大臣)(撃ち上げられたのは)ICBM級の可能性があります。政府としてはミサイルの動きを完全に把握し危機管理に万全の態勢を取りました。このような暴挙を行ったことは断じて容認できません。北朝鮮に対して厳重に抗議を行いました。

森田解説委員)日本政府は先程午前6時頃からNSC(国家安全保障会議)の関係閣僚会合を官邸で開きました。そしてアメリカの専門家によりますと、今回のミサイルは通常の軌道で発射されていたら飛距離は13,000km以上に達し、首都ワシントンを含むアメリカ全土が射程に入るという分析を発表したということなのですね。

通常発射なら13,000km超えの可能性 アメリカを意識しての発射なのか?

高嶋)これは一口で言うと、アメリカというものを意識して4,000km以上の高度をロフテッド軌道にしたという風に判断してよろしいですかね? 日本列島を通過しませんでしたが。

鈴木)そこがひとつのポイントで、これが今後どういう風に分析して政府が見ていくかということにもよりますけど、現時点で何人かに取材をした限りで言うといろんな見方ができるのだけど、なぜこの日本海に撃ったのか。
今までは常に日本を飛び越えてとにかくICBMもアメリカ本土に届くということを見せつけてきたのに、なぜここへ来て日本海なのか。この方式で撃つと「これはまともに撃ったらアメリカに届きますよ」という証明でもあるのだけれど、実際に落としたのは日本海である。
何が言いたいかというと、背景では対話へ向けてのいろんな動きというのが今模索されているとも言われていて、そういう動きも無きにしも非ずで、これは中国もロシアもそれぞれ動いています。そういう中であまり刺激をしない、でも力を見せる、その丁度中間の意味合いがあるのではないかなという風に分析される方もおられますね。

高嶋)こうやって撃てば日本海のEEZ内に落ちたということで、アメリカは全然関係無いようだけども、専門家が分析すれば13,000km飛んだはずだと、これは以心伝心でアメリカ側にも分かるわけですね。

鈴木)そうです。「届くんだよ。だけどアメリカに向かってギリギリのところまで撃っていないでしょ?」ということです。

高嶋)ということは何か動いている可能性が無きにしも非ずだということですかね?

鈴木)そう言う人もいます。でも一方でこれはずっと引き続きあるのですが、クリスマスあたりを目処にトランプ大統領が北朝鮮に対して軍事的オプションを行動する可能性もあると言う人たちもいるのですね。だからそういう意味ではアメリカも両にらみのところもあるし、もちろん予断を許さないということだと思いますね。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Page top