お正月の遊び⑤ 羽根突きと深い関わりのあるトンボとムクロジの実

By -  公開:  更新:

羽根突き 羽つき ハネつき 羽根つき

羽根突き(左右)と手鞠(中央)(羽根突き - Wikipediaより)

『羽根突き』の羽根には、黒い玉が付いていますが、これは『ムクロジ』という植物の実です。『ムクロジ』は漢字で『無患子』と書きます。この漢字には“子どもが患(わずら)わないように・・・病気になりませんように・・・”そんな思いが込められています。

さらに羽根は、トンボとも深い関係があります。古くからトンボは、害虫である蚊を食べてくれる“益虫(えきちゅう)”として知られています。そこで“夏に子どもが蚊に刺されませんように・・”と“羽根突きの羽根が飛ぶ様子”をトンボに見立ててお正月に『羽根突き』をするようになったとも言われています。羽根が行ったり来たりする様子を、トンボが行き来している姿と重ね合わせたそうです。

『羽根突き』に使われる『羽子板』には古くから、魔除けや厄払いといった“お守り”の意味があると言われています。さらに『羽子板』は“商売繁盛の縁起物”として、お店の中に飾られています。

このように、それぞれ特別な意味を持つ『羽根』と『羽子板』を使う『羽根突き』は“新春の厄除けの遊び”とされています。

そんな『羽根突き』ですが、“二人で羽根を突き合う遊び方”のことを『追い羽根』と言います。さらに“一人で羽根を突いて、その数を競い合う”『突き羽根』という遊び方もあります。


■杏樹の感想
 

今年最後のテーマは『お正月の遊び』でしたが、子供の頃、やられたことがあるんじゃないでしょうか? 私もお話していて、いろいろ思い出しました。

今年も1年、番組をお聴き頂き、本当に有難うございました。他の番組では取り上げないような(笑)テーマの時もありましたが、意外に評判が良くて、私もホッとしています(笑)。

番組宛に“こんなテーマでやって下さい”というリクエストを頂くことがありますが、出来る限りお応えしたいと思いますので、メールやおハガキで送って頂けたら嬉しいです。

来年2018年もこの番組をどうぞ宜しくお願い致します。皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さい。

(2017/12/29放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top