知っておきたい! パートとアルバイトの違い

By -  公開:  更新:

辞書で調べると『パート』は“『パートタイム』の略で、正規の労働時間よりも、労働時間が短いこと。短時間労働”とあります。それに対して『アルバイト』は“本業や学業のかたわら、収入を得るための仕事をすること”とあります。

どちらも基本的には“曜日や時間帯を自分で選んで働ける従業員のこと”で、大きな違いはないそうです。それではどうして、別々の呼び方があるのか? といいますと、募集する企業が使い分けて、そう呼んでいるそうです。具体的には『パート=主婦向け』、『アルバイト=学生や本業を持つ、短時間労働者向け』と区別しやすくするために分類しているそうです。

さらに募集する企業ごとに、独自に定義を決めている場合があるそうですが、これは法律的には問題ないそうです。例えば『アルバイト=未婚の学生』、『パート=結婚している女性』と考えている企業もあれば、『アルバイト=短期で働く人』、『パート=長期で働く人』という所もあるそうです。

一般的には募集する時、『アルバイト』はフリーターや学生が対象で、一定期間で辞めてしまうことを前提としている場合が多いそうです。それに対して『パート』は、長期で働く主婦を対象に募集することが多いため、『アルバイト=学生』『パート=主婦』というイメージが定着しているそうです。

『労働基準法』では『パート』や『アルバイト』、『正社員』、『契約社員』『臨時社員』など、全て一括して『労働者』と呼んでいます。

(2018/2/27放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top