感染が拡がる麻疹(はしか) 気をつけないといけない世代は?

By -  公開:  更新:

内科医で作家の、おおたわ史絵がニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(5月10日放送)に出演し、「おおたわ史絵さんに聞く!今、気をつけたい病気!」と題して、現在流行している病気「はしか」について特集した。

ゴールデンウィークにも感染が拡大し、大きな注目を集めた「はしか」が流行した理由について、おおたわは「今回のウィルスは日本生まれのはしかの“麻疹”ウィルスではなく、海外のもの。日本へ旅行に来ていた台湾の旅行者から持ち込まれたという説がいまのところ濃厚ですね。ウィルスは水際対策がとりにくく国内への侵入を完全に防ぐのは難しい。」と語り、そもそもウィルスは海外から来ているものであると説明した。

また、世代によってワクチンの接種方法が違うため、特に気を付けないといけない世代があるという。「昭和53年に、はしかのワクチンを一回、打ちましょうという風に、努力的な目標が決められました。この時、こどもだった人は、1年に1回打つようになったんですが、あくまで任意だったんです。当時は予防接種にネガティブな印象を持つ人も少なくなかったですから。だから昭和53年ぐらいに小学生だった人でも、ワクチンを打った人と、打っていない人がいると思います。そして平成2年からは、年に2回、ワクチンを接種しましょうと義務化されます。このとき、小学生だった子供たちは年に2回、打っていると思います。いまの50~60代はワクチンを打っていないかもしれないけど、自然にはしかにかかって、治っちゃっている人もいます。そういう人たちは基本的に終生免疫ですね。今後、自分の免疫が下がらない限りは、再発しないだろうと思います。」おおたわによると、26歳〜39歳ぐらいの年齢層が、ワクチンを打っているかどうかわからず、気にするべき世代だという。

ちなみに、はしかの予防接種を受けたかどうかを確認するには、自分の母子手帳を確認するのがいいという。それがわからない場合の方法として、「自費になっちゃいますが、抗体検査っていうもので確認することができます。また、これから妊娠を考えている女性は、いまのうちに抗体検査をして、もし抗体がついていなければ、ワクチンを2回、受けるというのをおススメします。1回よりも2回のほうが、確率がよくなります。」とのこと。はしかが流行する現在、特にワクチンを接種できていない世代は気をつけるべきかもしれない。

垣花正 あなたとハッピー!
FM93AM1242 ニッポン放送 月~金 8:00~11:30

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top