『心理的な距離』と『身体的な距離』はほぼ同じ

By -  公開:  更新:

人間関係の中で、『人との距離感』が難しい・・・と感じている方はたくさんいらっしゃいます。同じ『人との距離感』でも“自分は近づきたいのに、相手との距離が縮まらない”“もっと踏み込んだ交流をしたいのに、なかなか踏み込めない”“どうしても相手と距離が出来てしまう”というケースもあれば、“自分はある程度距離を置きたいのに、相手が近づいて来る”“人間関係が近過ぎて、逆に息苦しい”“束縛されている感じがするので、少し距離を置きたい”といったケースもあります。

こうした方々に共通して言えることは、“『ほど良い距離感』がなかなか見つからない”ということです。この『ほど良い距離感』というのは、人によって違いますので、それが難しいところでもあります。この場合の『距離感』とは、相手との『心理的な距離』のことです。

人の『心理的な距離』と『身体的な距離』は、ほぼ同じだと言われていて、“好意を持っている”“心を許している”という人に対しては近寄りたくなりますが、逆に“警戒心”や“敵対意識”のある人に対しては、遠ざかりたくなります。

この“距離感の判断”を間違えてしまうと、相手とのトラブルに発展しやすいです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。


Page top