松井大阪府知事、辞職の真偽の程は?

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月31日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。「松井大阪府知事、辞職の真偽」について解説した。

政治 大阪府・松井一郎知事 来年2月までに辞職表明 出直し選に臨む意向 提供産経新聞

松井大阪府知事、辞職の真偽の程は?

大阪市を廃止し特別区に再編する大阪都構想について民意を問うため、大阪府の松井一郎知事と大阪市長の吉村洋文が、来年2月までに辞職を表明し、出直し選挙に臨む意向だと先週報道された。先週松井知事に直接会った須田が、辞職の真偽の程、その意図について解説する。
飯田)知事、そして市長の任期の満了は来年の11月、あるいは12月ということだったんですけど前倒しをする。

須田)これは都構想に絡んでの話ですが、先週火曜日に松井府知事に会って来ました。一緒におでんをつつきながら、どてらを着て。松井知事が選んだ具は、スジ。牛のアキレス腱を選んで、私がこんにゃくを。これには意味があって、『私は筋を通す』というところで牛スジを選んだわけです。私は『どこやらの政党はコシがなくてクニャクニャしてるよね』っていう意味でこんにゃくを選びました。

飯田)お互いに示唆しあっています。

須田)なおかつこんにゃくを選んだ私に対して松井知事は「上手いの選んだね、すまんがあそこは、もう腰砕けでグニャグニャしてるわね」って、そこから話が盛り上がったということなんですけど。
じゃぁ一体何が起こっているのかというと、じっくり真面目な話を聞いてきました。どういうことかというと、2015年に大阪都構想を巡る住民投票があったという事はラジオをお聞きの皆さんもご存じのことと思います。
結果、都構想派が僅差で負けて都構想は否決されました。そうはいってもじゃぁなぜ都構想なのかというと、二重行政の解消。大阪府と大阪市という特別市があるために様々な弊害が起こっている。簡単に言ってしまうと、府知事と市長が平仄を合わせていなければ万博も果たして誘致が出来たのかどうなのか、これは気脈を通じていたからこそ誘致できたということなんです。そういった問題があるんです。結果的に二重行政の解消のためにどうするのか?それは反対派・賛成派共に認めていたところですから、それについては協議をしていきましょう、その協議の場が法定協議会といわれているところです。
それは2013年2月に設置された府知事、市長、府議市議各9人の計20人で設置されている協議会です。府議、市議各9人の計20人、これがポイントです。

飯田)大半が府議と市議が占めている。これは府・市両議会は会派の構成に応じて委員を選出していたということです。大阪維新の会はほかの会派を排除して7月に単独で都構想案を決めたという風に朝日新聞が報じています。府議会が10月、府議のメンバー構成を各会派の所属議員比率に戻す動議を可決して、今の構成になっています。

須田)都構想について、維新はこれしかないと思っていたから出したわけです。府議会・市議会ともに大阪維新の会は少数与党です。過半数持っていないという状況です。そうすると多数決で通すことはできても、可決することは出来ない。ですからそこにどういう思惑があったのか分からないですけど、府議会市議会の公明党が維新に接近して、二重行政の解消に向けて協力体制を取ったんですが、それをひっくり返されちゃった。この法定協議会の決定というのは、効力が府議・市議の任期満了までなんです。

飯田)府議と市議が大半を占めているんですから、当然そういうことになります。

須田)そうすると来年春まで。春までにこれを通して、参議院議員選挙で住民投票というのが一番リーズナブルなスケジュールでしたが、これを公明党がひっくり返した。どうしてかというと公明党としては参議院選挙に全力を投入したかったというのが実態ではないかと思います。

 

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top